Thunderbird で Gmail を使う

Thunderbird は、Google の Gmail サービスをシームレスに利用できるようセットアップできます。メッセージは、Thunderbird に保存されたローカルのものと Gmail の Web メールとの間で同期されます。

新しい Gmail アカウントは、Thunderbird 31 およびそれ以前のバージョンでは、Google の認証機能に対応していないため使用できません (技術的な詳細は、bug 849540 をご覧ください)。新しい Gmail アカウントを設定する場合は、Thunderbird 38 以降を使用 してください。

Gmail アカウントの設定

Thunderbird で Gmail を利用するための設定として、始めに Gmail アカウントで IMAP を有効にします。 その手順は Gmail ヘルプの記事 をご覧ください (新しい Gmail アカウントでは IMAP が既定で有効になっています)。

"安全性の低いアプリのアクセス" が有効になっていることを確認してください。ヘルプが必要な場合、"安全性の低いアプリ" についての Google の記事 をご覧ください。

次に、ファイル メニューの 新規作成 から 既存のメールアカウント... を選択します。"メールアカウント設定" のダイアログボックスが開きます。アカウント情報 (お名前、メールアドレス、パスワード) を入力すると、Thunderbird が Gmail への接続設定を自動的に行います。完了 ボタンをクリックし、Google アカウントにログインしたら完了です。これで、既存のメッセージがダウンロードされ、Gmail を使う準備ができました。

さらに詳しい情報は、以下を参照してください:

Gmail 特有の動作

メッセージの保管

Gmail の動作との一貫性を保つため、Thunderbird のアーカイブ操作は、メッセージを「すべてのメール」フォルダに保存します。他のアカウントのように「アーカイブ」フォルダには保存しません (メッセージの保管 を参照してください)。

Gmail Archive settings

Gmail アカウントでは、Gmail でアーカイブのオプションが設定されるため、Thunderbird の アーカイブオプション ボタンが無効になるので注意してください。

フォルダの購読とメッセージの同期

Gmail のラベルと Thunderbird のフォルダについて理解する

Gmail は、IMAP の特別な実装を使用しています。この実装では、Gmail のラベルが Thunderbird のフォルダになります。Gmail でメッセージにラベルを適用すると、Thunderbird でラベルと同じ名前のフォルダが作成され、そのフォルダにメッセージが保存されます。同様に、Thunderbird でメッセージをあるフォルダへ移動すると、Gmail でそのフォルダと同じ名前のラベルが作成され、メッセージにそのラベルが割り当てられます。

以下に示す例では、"[Gmail]" フォルダ ("g+", "Personal", "Receipts", "Travel" および "Work") と同じ階層のフォルダが Gmail のラベルに相当します。

default gmail folders

"[Gmail]" フォルダには、以下の特別なサブフォルダも置かれます:

  • 全てのメール: Gmail アカウントで送受信したメッセージ、アーカイブしたメッセージなど、すべてのメールが含まれます。受信トレイに表示されるメッセージも [Gmail]/全てのメール フォルダに表示されます。
  • 下書き: 下書きメッセージが含まれます。
  • 送信済みメール: 送信したメッセージが含まれます。
  • 迷惑メール: 迷惑メールマークが (Gmail または Thunderbird によって) 付けられたメッセージが含まれます。
  • スター付き: スターマークが (Gmail または Thunderbird によって) 付けられたメッセージが含まれます。
  • ゴミ箱: 削除したメッセージが含まれます。
  • 重要: Gmail が "重要" フラグを付けたメッセージが含まれます。(Gmail のこの機能については、Gmail ヘルプの 優先トレイ を参照してください。)

メッセージには複数のラベル (「個人」「旅行」「すべてのメール」「スター」など) を付けられます。この場合、複数のラベルを付けられたメッセージの単体コピーがダウンロードされますが、ラベルに相当するすべての Thunderbird のフォルダに表示されます (各フォルダに複製されるわけではありません)。

フォルダ (ラベル) を購読または購読解除する

Thunderbird に Gmail のどのフォルダを表示するかを設定することができます。既定では、上記のようにすべての Gmail フォルダが表示されます。表示するフォルダを設定するには、そのフォルダを右クリックし、購読... を選択します。

subscribe gmail folders

Thunderbird に表示したくないフォルダのチェックを外してください。メッセージは「すべてのメール」フォルダにダウンロードされ、そこから読むことができ、検索結果にも表示されます。しかし、Gmail のラベル (Thunderbird のフォルダ) は表示されなくなります。


フォルダ (ラベル) を同期する

Gmail のすべてのラベルとメッセージを Thunderbird に表示したいが、すべてのメッセージがダウンロードされることを避けたいときは、Thunderbird の同期設定を変更してください。この設定は、メッセージをダウンロードして同期するフォルダを設定できます。フォルダを同期しない場合、Thunderbird にはメッセージヘッダのみが表示され、メッセージ本文はそのメッセージヘッダをクリックした時にのみダウンローされます。

メッセージのダウンロード方法を変更するには、アカウントの各フォルダの同期オプションを設定します。 (ツール > アカウント設定...編集 > アカウント設定...) 詳しい情報は、IMAP による同期 をご覧ください。


有用なアドオン

  • Thunderbird と Gmail との間でアドレス帳を同期したい場合は、Google Contacts または gContactSync のアドオンをお試しください。
  • Lightning と Google カレンダーとの間でカレンダーを同期したい場合は、Lightning で Google カレンダーを使用する をご覧ください。
  • Flat Folder Tree は、他のフォルダと同じ階層で [Gmail] IMAP フォルダのすべてのサブフォルダを表示するのに役立ちます。
  • Gmail Buttons は、メッセージをごみ箱や迷惑メールフォルダへ簡単に移動できるようにします。ベータ版では各メッセージのすべての Gmail ラベルを表示します。

Gmail での BCC アドレス

メールクライアント (Thunderbird、Outlook、Entourage など) で Gmail アカウントのメッセージを IMAP で同期するよう設定しているときに、"送信済み" メールフォルダで BCC の宛先を見ることはできません。(IMAP や POP のプロトコルの説明については アカウントの手動設定 をご覧ください。)

例えば、以下のような宛先でメッセージを送信します:

75cc304ad20b8d48904ad675f7dafcef-1295389047-245-1.jpg

送信後に "送信済みメール" フォルダでそのメッセージを表示しても、"To" と "CC" の宛先しか見ることができません。これは Gmail がメッセージから、BCC に設定した宛先を取り除くためです。メッセージは BCC の宛先にも送付されますが、BCC の宛先は保存された送信済みメールでは表示されません。(Thunderbird でメッセージを作成した場合、Gmail の Web メールでも BCC の宛先は表示されません。)

この問題を回避するには、BCC の宛先を含める必要があるメッセージを Gmail の Web メールで送信することです。または、Gmail 以外の SMTP サーバを利用することです。例えば、あなたが使用しているインターネットサービスプロバイダ (ISP) が、メッセージの送信に利用できる SMTP サーバへのアクセスを提供しているでしょう。(アカウントの手動設定 をご覧ください)

参照

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori, yassan138。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから