メッセージの保管

Thunderbird にはメッセージを保管する機能があります。この機能は、メッセージを完全に削除することなく、元のフォルダーからアーカイブフォルダーへ移動します。この機能により、保管したメッセージの管理やバックアップ機器への移動が簡単になり、受信トレイ内が整理できます。現在は、メッセージの保管を手動でのみ行えます。アーカイブフォルダーに移されたメッセージは、Thunderbird の検索機能によって索引が付けられます。


メッセージをアーカイブフォルダーへ移動するには?

メッセージをアーカイブフォルダーへ移動するには、対象のメッセージを選択し、アーカイブ ボタンをクリックします。または、キーボードショートカットA キーを押します。一度に 2,000 件以上のメッセージを選択しないようにしてください。

archive button

保管機能を設定するには?

保管場所の設定

メッセージの保管場所はメールアカウントごとに設定できます。メニューバーの ツール編集 > アカウント設定 を選択してアカウント設定ウィンドウウインドウ を開き、左側パネルの、対象のアカウントの 送信控えと特別なフォルダー を選択します。設定ページの メッセージの保管 セクションで、アーカイブの保存先 を指定してください。

Archive Account Settings

アーカイブフォルダーの構成の設定

上記のアカウント設定で アーカイブオプション ボタンをクリックすると、アーカイブフォルダーの構成を設定することができます。 すべてのメッセージを一つのフォルダーに保管するか、年月ごとのサブフォルダーに分けるか選択してください:

archive options

一つのアカウントで複数の差出人情報を使用する

一つのメールアカウントに追加の 差出人情報 をセットアップしている場合、アーカイブやフォルダー構造は、差出人情報 ごとに別々に設定されます。

この記事は役に立ちましたか?

しばらくお待ちください...

These fine people helped write this article:

Illustration of hands

ボランティア

Grow and share your expertise with others. Answer questions and improve our knowledge base.

Learn More