メッセージの保管

Thunderbird にはメッセージを保管する機能があります。この機能は、メッセージを完全に削除することなく、元のフォルダからアーカイブフォルダへ移動します。この機能により、保管したメッセージの管理やバックアップ機器への移動が簡単になり、受信トレイ内が整理できます。現在は、メッセージの保管を手動でのみ行えます。アーカイブフォルダに移されたメッセージは、Thunderbird の検索機能によって索引が付けられます。


メッセージをアーカイブフォルダへ移動するには?

メッセージをアーカイブフォルダへ移動するには、対象のメッセージを選択し、アーカイブ ボタンをクリックします。または、キーボードショートカットA キーを押します。 一度に 2,000 件以上のメッセージを選択しないようにしてください。

archive button

保管機能を設定するには?

保管場所の設定

メッセージの保管場所はメールアカウントごとに設定できます。メニューバーの ツール編集 > アカウント設定 を選択してアカウント設定ウィンドウを開き、左側パネルの、対象のアカウントの 送信控えと特別なフォルダ を選択します。設定ページの メッセージの保管 セクションで、アーカイブの保存先 を指定してください。

Archive Account Settings

アーカイブフォルダの構成の設定

上記のアカウント設定で アーカイブオプション ボタンをクリックすると、アーカイブフォルダの構成を設定することができます。 すべてのメッセージを一つのフォルダに保管するか、年月ごとのサブフォルダに分けるか選択してください:

archive options

// この記事の貢献者: marsf, dskmoriあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する