Firefox を開くとクラッシュする

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

この記事は、Firefox を起動しようとした時にクラッシュに関するメッセージが表示される場合について書かれています。

Firefox がクラッシュすると、以下のメッセージのいずれかを含むウィンドウウインドウ が表示される場合があります:

  • 問題が発生したため、Firefox を終了します
  • Mozilla クラッシュレポータ

起動している Firefox が最新バージョンでない

Firefox 3.0 で起こる多くの起動時のクラッシュは、Firefox 3.6 では起こりません。Firefox 3.6 へアップグレード して、クラッシュする問題が解決するか確認してください。


Firefox がセーフモードで起動するかを確認する

Firefox が起動時にクラッシュする場合、Firefox の セーフモード で起動できるかどうかで対応が異なります。

Firefox ウィンドウ上部の Firefox ボタンをクリックし、ヘルプ メニューの右の矢印をクリック、メニューバー上の ヘルプ メニューをクリックし、Firefox ウィンドウ上部の ヘルプ メニューをクリックし、アドオンを無効にして再起動... を選択します。Firefox が再起動し、セーフモードダイアログが表示されます。
補足: セーフモードダイアログは、shift キーを押しながら Firefox を起動して開くこともできます。option キーを押しながら Firefox を開始して開くこともできます。Firefox を終了し、ターミナル から次のコマンドを実行して開くこともできます: firefox -safe-mode
環境によっては、Firefox をインストールしたディレクトリのパスを含める必要があるかもしれません (例: /usr/lib/firefox)。
メニューボタン New Fx Menu をクリックし、ヘルプ Help-29 ボタンをクリック、アドオンを無効にして再起動... を選択します。Firefox が再起動し、セーフモードダイアログが表示されます。
補足: セーフモードダイアログは、shift キーを押しながら Firefox を起動して開くこともできます。option キーを押しながら Firefox を開始して開くこともできます。Firefox を終了し、ターミナル から次のコマンドを実行して開くこともできます: firefox -safe-mode
環境によっては、Firefox をインストールしたディレクトリのパスを含める必要があるかもしれません (例: /usr/lib/firefox)。

Firefox のセーフモードダイアログが表示されたら、Firefox はセーフモードでは起動する に進んでください。セーフモードで起動しても同じクラッシュメッセージが表示される場合は Firefox はセーフモードでも起動しない に進んでください。


Firefox はセーフモードでは起動する

Firefox がセーフモードではクラッシュしないのなら、問題は拡張機能やテーマで発生している可能性が高いです。問題を解決するには 拡張機能とテーマのトラブルシューティング を参照してください。 以下の拡張機能のバージョンによっては、Firefox のいくつかのバージョンでクラッシュすることが知られています:

  • Norton IPS extension
  • PicLens

  • Roboform Toolbar (このクラッシュは Roboform toolbar 6.9.90 以降で修正済みです。ツール メニューの アドオン をクリックし、更新を確認 を選択して最新の Roboform を入手してください。)

上記のリンク先の手順に従っても問題が解決しない場合は、Firefox をセーフモードで起動し、次の手順に従ってください:

Firefox ウィンドウ上部の Firefox ボタンをクリックし、ヘルプ メニューの右の矢印をクリック、メニューバー上の ヘルプ メニューをクリックし、Firefox ウィンドウ上部の ヘルプ メニューをクリックし、アドオンを無効にして再起動... を選択します。Firefox が再起動し、セーフモードダイアログが表示されます。
補足: セーフモードダイアログは、shift キーを押しながら Firefox を起動して開くこともできます。option キーを押しながら Firefox を開始して開くこともできます。Firefox を終了し、ターミナル から次のコマンドを実行して開くこともできます: firefox -safe-mode
環境によっては、Firefox をインストールしたディレクトリのパスを含める必要があるかもしれません (例: /usr/lib/firefox)。
メニューボタン New Fx Menu をクリックし、ヘルプ Help-29 ボタンをクリック、アドオンを無効にして再起動... を選択します。Firefox が再起動し、セーフモードダイアログが表示されます。
補足: セーフモードダイアログは、shift キーを押しながら Firefox を起動して開くこともできます。option キーを押しながら Firefox を開始して開くこともできます。Firefox を終了し、ターミナル から次のコマンドを実行して開くこともできます: firefox -safe-mode
環境によっては、Firefox をインストールしたディレクトリのパスを含める必要があるかもしれません (例: /usr/lib/firefox)。
Firefox のセーフモードウィンドウウインドウ が表示されたら、セーフモードを続ける ボタンを押します。

セーフモードで起動したら、クラッシュに関する情報を集めて質問をする ときにその情報を提供してください。


Firefox はセーフモードでも起動しない

セーフモードで起動しようとしても Firefox がクラッシュする場合、以下のセクションに問題の解決につながる情報が含まれています。

古いバージョンの Google デスクトップ検索が動作している

このテンプレート "crashsig" は存在しないか承認されていません。 GoogleDesktopMozilla.dll@0x5512, GoogleDesktopMozilla.dll@0x5500, GoogleDesktopMozilla.dll@0x56bc, GoogleDesktopNetwork3.dll@0x3dfb

古いバージョンの Google デスクトップが原因で Firefox がクラッシュする を参照してください。

Hulu Desktop プラグインを使用している

このテンプレート "crashsig" は存在しないか承認されていません。 @ @0x8fe053f6 いくつかのバージョンの Hulu Desktop プラグインは、Firefox の起動時にクラッシュを引き起こします。これを修正するには huludesktop.webplugin ファイルを削除します:

  1. Finder を開いて /Library/Internet Plug-ins/ に行きます。
  2. 次のファイルを削除してください: huludesktop.webplugin
  3. この問題が修正された最新バージョンの Hulu Desktop をダウンロードします。


Tablet PC でクラッシュする

Tablet PC によっては、Firefox が突然クラッシュすることがあります。これは既知の問題であり、Firefox 3.0.1 以降で修正されています。最新版を入手するには Firefox を最新バージョンに更新するには を参照してください。

Shapeshifter を使用しているとクラッシュする

Unsanity Shapeshifter は今のところ Firefox 3 と互換性がありません; これは Firefox 起動時にクラッシュを引き起こします。更新版が利用できるようになるまで、Shapeshifter を無効にする必要があります。この問題については Unsanity に連絡してください。

Spector Pro を使用しているとクラッシュする

コンピュータモニタリングプログラム Spector Pro for Windows の一部のバージョンは、Firefox 3 を起動時にクラッシュさせます。このプログラムを使用している場合、最新版に更新するか SpectorSoft Support に連絡してください。

Backdoor.Ulrbot.C

Backdoor.Ulrbot.C は、あなたのコンピュータに感染し、アンチウイルスソフトウェアでは検出できないかもしれない悪意あるソフトウェアです。Backdoor.Ulrbot.C は、あらゆる危険な改ざん操作に対して無防備にするバックドアをあなたのコンピュータにインストールし、さらに Firefox 3 をクラッシュさせます。唯一の解決策は、Windows のセーフモードで、ウイルスに感染した DLL ファイルを手動で削除することです。残念ながら、このファイルはランダムに生成された名前とファイルサイズを持つので、それを識別するのは困難です。以下は、疑いのある DLL ファイルの探索と検証を行い、必要に応じてそれを削除する手順を詳述しています。 これらの手順は、Mozilla クラッシュレポータ ダイアログが表示され、クラッシュレポートを Mozilla に報告した時にのみ有効です。

  1. クラッシュレポートを入手します(クラッシュレポートを入手するを参照してください)。
  2. 必要に応じて、クラッシュレポートが処理されるまで待ってください。もし非常に長い時間がかかるなら、間違ったレポート ID を入力したのかもしれません。
  3. レポートが開いたら、ページ上部の Modules タブをクリックします。
  4. これは Firefox にロードされているすべてのモジュールのリストです。バージョン情報が無い(第2列がブランクの)モジュールを探します。そのようなモジュールがなければ、あなたは Backdoor.Ulrbot.C には感染していません。このページの他の解決策を試してください。
  5. バージョン情報の無いモジュールを見つけたら、その名前を Google などの検索エンジンで検索してください。もし結果がまったく無い、またはほとんど無ければ、そのモジュールの名前はランダムに付けられており、マルウェアである可能性が高いです。
  6. この基準に合致するファイルがあるなら、あなたのコンピュータでそのファイルを検索し、その場所を記録します。
  7. 動作する別の Web ブラウザで http://virusscan.jotti.org/ に行き、その疑わしいファイルの場所を入力して Submit file をクリックします。オンラインのスキャナは完全ではありませんが、多くの場合、Backdoor.Ulrbot.C を認識することができます。Backdoor.Ulrbot.C を含むと認識されたすべてのファイルについて、以下の手順を行います。Backdoor.Ulrbot.C を含むファイルが無くても、このウイルスのまだ知られていない種類である場合を考慮して、以下の手順を続けるとよいでしょう。
  8. Microsoft の Web サイトの Windows Vista または Windows XP の説明書に従って、Windows をセーフモード(Firefox のセーフモードではありません)で起動します。
  9. セーフモードで、これまでの手順で見つけたファイルの場所を開きます。それらが Backdoor.Ulrbot.C を含んでいると認識されたファイルなら、それらを安全に削除することができます。そうでなければ、後で元に戻せるように xxxxx.dll のファイル名を xxxxx.dll.old に変更してください。
  10. コンピュータを通常モードで再起動します。
  11. Firefox を起動します。正常に起動すれば、クラッシュの原因を正しく認識して修正したことになります。

他のマルウェア: ウイルスやスパイウェア

上記の特定のケースに加えて、数多くの異なるウイルスやマルウェアが Firefox をクラッシュさせるかもしれません。あなたのシステムがスパイウェアとウイルスに感染していないことを確認してください。詳細は マルウェアが引き起こす問題のトラブルシューティング を参照してください。


他の原因

上記の特定のケースにあてはまらない場合は、Firefox のクラッシュに関する一般的なトラブルシューティング を試すか、クラッシュに関するより多くの情報を集めて助けを求める ときにその情報を伝えてください。ホームページをデフォルト以外に変更している場合、ホームページを開く際にクラッシュしているのかもしれません。この場合は、Firefox がクラッシュする を参照してください。


クラッシュレポートを入手する

  1. Windows の スタート ボタンをクリックし、ファイル名を指定して実行... を選択します。引用符も含めて "%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Crash Reports\submitted" を入力し、OK をクリックします。Finder で ~/Library/Application Support/Firefox/Crash Reports/submitted を開きます。~/.mozilla/firefox/Crash Reports/submitted を開きます。
  2. 開いたフォルダには、あなたが送信したクラッシュレポートが個別のテキストファイルとして含まれます。 表示 メニューを使って日付で並び替え、一番新しいものを見つけてダブルクリックして開きます。
  3. クラッシュ ID は bp- に続く部分です。例えば、ファイルの中身が
    Crash ID: bp-277ca492-ef87-40ea-b667-051b437f2b78
    なら、クラッシュ ID は 277ca492-ef87-40ea-b667-051b437f2b78 です。
  4. 別のブラウザで http://crash-stats.mozilla.com/report/index/<クラッシュ ID> を表示します(例えば、http://crash-stats.mozilla.com/report/index/277ca492-ef87-40ea-b667-051b437f2b78)。
  5. "Your report is being processed" というタイトルの crash-stats.mozilla.com のページが表示されます。あなたのレポート処理が終了したときには、ID の下にクラッシュサインが表示されます(例:nsCrasher::Crash())

    24c48a8c02ecf64e07dba246c5405b30-1246117331-677-2.jpg
この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから