プライベートブラウジング - 履歴を残さずに Firefox を使用する

プライベートブラウジングは、パスワード、Cookie、閲覧履歴といったブラウジングの情報を自動的に消去し、ブラウジングを終了すると追跡されないようにします。新しいバージョンのFirefox は、コンテンツブロック (トラッキング防止)コンテンツブロッキング 機能を備えており、隠れたトラッカーが複数のサイトをまたいで情報を収集したり、ブラウジングを遅くしたりすることを防ぎます。

重要: プライベートブラウジングは、インターネットを匿名で利用できるようにする機能ではありません。ご利用のインターネットサービスプロバイダーまたは雇用者、訪れたサイトは、あなたの表示したページを追跡することができます。また、プライベートブラウジング機能は、あなたのコンピューターにインストールされているかもしれない キーロガースパイウェア からあなたを守るものではありません。

新しくプライベートウィンドウウインドウ を開くには

プライベートウィンドウウインドウ を開くには 2 通りの方法があります。

新しく、空白のプライベートウィンドウウインドウ を開く

  • メニューボタン Fx57Menu をクリックし、新しい新規 プライベートウィンドウ をクリックします。
    private tab menu 57 win private tab menu 57 private tab menu 57 linux

リンクを新しいプライベートウィンドウウインドウ で開く

  • リンク上で右クリック Ctrl キーを押しながらクリック し、メニューから このリンクを新しい新規 プライベートウィンドウで開く を選択します。
    Link in Private Window Fx20 WinXP Link in Private Window Fx20 Win7 Link in Private Window Fx20 Mac Link in Private Window Fx20 Lin
ヒント: プライベートブラウジングでは紫色のマスクがウィンドウウインドウ 上部に表示されます。
private mask 57 win private mask 57 private mask 57 linux

プライベートブラウジングで保存されない情報は何か?

  • 表示したページの履歴: 表示したページは、履歴メニューのサイトリストや履歴とブックマークの管理ウィンドウウインドウアドレスバー のドロップダウンリストには追加されません。
  • フォームと検索バーの入力履歴: ウェブページや 検索バー に入力した 自動補完 のために使用される内容は保存されません。
  • パスワード: Firefox に記憶させているパスワードが自動的に入力されず、新たに入力したパスワードも保存されません。
  • ダウンロードリスト: ダウンロードしたファイルは、プライベートブラウジングを終了した後でも ダウンロードウィンドウ のリストに残りません。
  • Cookie: Cookie には、訪れたウェブサイトの設定やログイン状態についての情報、Adobe Flash などのプラグインで使用されるデータが格納されています。また Cookie は、サイト間の行き来を追跡するため第三者によって使用されることがあります。行動追跡についての情報は、トラッキング拒否機能を有効化するには の記事をご覧ください。プライベートウィンドウウインドウ で Cookie は、通常のウィンドウウインドウ の Cookie とは別にメモリーに一時的に保存され、プライベートセッションの終了時 (プライベートウィンドウウインドウ が閉じられたとき) に破棄されます。
  • ウェブキャッシュファイル: 一時的なインターネットファイルやウェブページの キャッシュ ファイルは保存されません。
注記:
  • プライベートブラウジングの最中に作成した新しい ブックマーク は、プライベートブラウジングを終了しても削除されません。
  • プライベートブラウジングの最中にファイルをウェブサイトからあなたのコンピューターに保存した場合、プライベートブラウジングを終了してもファイルは削除されません。ただし、外部アプリケーションで開いたファイルはシステムの一時フォルダーから削除され、ダウンロード のリストには残りません。

常にプライベートブラウジングを使用するように Firefox を設定できますか?

Firefox は、既定デフォルト で履歴を記憶するように設定されていますが、この設定を、Firefox のプライバシーオプション設定環境設定 で変更できます:

  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. プライバシーとセキュリティ パネルを選択し、履歴 セクションに進みます。
  3. ドロップダウンメニューから 履歴を一切記憶させない を選択します。
    Fx60HistorySettings-UseCustom Fx63CustomHistory
    これは、常にプライベートブラウジングモードと同じ設定です。
重要: Firefox を 履歴を一切記憶させない に設定すると、プライベートブラウジングモードと同じ効果になりますが、ウィンドウウインドウ の上部に紫色のマスクのマークは表示されません。通常のブラウジングに戻すには、プライバシーとセキュリティオプション設定環境設定 を開き、Firefox を 履歴を記憶させる に設定します。

Firefox に保存する情報を制御する他の方法

// この記事の貢献者: marsf, dskmori, catback, c-bouあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する