Firefox のアドレスバーの自動補完 - ブックマーク、履歴、タブを検索する

Firefox のアドレスバーは、訪問中のウェブページの URL を表示します。このフィールドに入力すると、Firefox は訪れたことのあるページを覚えてページの自動補完を表示します。この記事では、アドレスバーの自動補完についての詳しい動作を説明し、短時間でアドレスバーをプロのように使いこなせるようにします。

アドレスバーは、ウェブ検索にも使えます。詳しくは、以下の記事をご覧ください:

履歴、ブックマーク、開いているタブ、同期されたタブ同期されたタブ、トップサイト

アドレスバーに入力を始めると、マッチするウェブページの候補をドロップダウンメニューで表示します:

  • 履歴に保存されたページタイトルとウェブアドレス
  • ブックマークに保存されたページタイトルとウェブアドレス、タグ名
  • 他のタブで現在開いているページ (タブを表示 のセクションをご覧ください)
  • 他の端末と 同期されたタブ
  • 検索履歴にある検索語句 (検索候補の表示が有効化されている場合)
注記: アドレスバーを (入力する代わりに) クリックした場合、トップサイト のドロップダウンメニューが表示されるでしょう。

マッチした結果が開いているタブかブックマークかをアイコンで示します。訪れたいページを見つけたらその項目をクリックするか、キーボードの上下矢印キー () でその項目を選択して EnterReturn キーを押してください。

Firefox は、既定のデフォルト 検索エンジンからの人気の検索候補も表示します。詳しい情報は、検索バーで検索候補を利用するには および Firefox の検索候補の表示機能 の記事をご覧ください。

アドレスバーの自動補完は、ブラウジングの行動に基づいて調整されます。ページを訪れる頻度や最近訪れたか、また文字や単語を入力してどの検索結果をクリックしたかのようなものです。この方法により、1 文字入力しただけでいつも訪れるページが自動補完リストの最初に現れるようになります。

URL 自動補完

以前訪れたページを自動補完するドロップダウンリストに加え、アドレスバー内の URL も補完されます。例えば、"support.mozilla.org" のウェブページを過去に訪問したことがあれば、"suppo" と入力すると、"rt.mozilla.org/" が自動的に追加され、アドレスが補完されます。EnterReturn キーを押すと、そのアドレスに直接アクセスできます。

URLAutocomplete75

タブを表示

アドレスバーでは開いているタブも検索し、検索結果にはタブのアイコンと "タブを表示" という文字列がついています。これらの項目を選択すると、そのウェブサイトを重複して開くのではなく、すでに開いているタブへ切り替えます。

SwitchToTab75
「タブを表示」オプションを一時的にオフにするには、アドレスバーの下に自動補完リストにあるページをクリックする時に Alt キーを押してください。すでに開いているタブへ切り替える代わりに、新しいページを開きます。

ウェブを検索する

履歴、ブックマーク、タグを検索するだけでなく、アドレスバーからすぐにウェブを検索することもできます。

Firefox のアドレスバーで検索する の記事を訪問して詳しく学んでください。

検索設定を変更する

アドレスバーのウェブ検索の動作を変更できます。

Firefox で既定の検索の設定を変更する の記事を訪問して詳しく学んでください。

最適な検索結果を得る方法

  • 以前開いたことがあるウェブページを再び訪れたい場合は、そのページのウェブアドレスかタイトルの一部を入力します。自動補完リストをスクロールしてページを探してください (訪れたいサイトが表示されなければ、別の文字を入力してください)。選択したページを開くには EnterReturn キーを押してください。Firefox はエントリーと選択した結果の組み合わせをより優先するようになります。
  • 履歴を削除しないでください。履歴は、自動補完のために最も豊富なタイトルとウェブアドレスの組み合わせの情報源です。最近の履歴を消去... は候補から履歴のエントリを削除します。
  • よく使うページは、ブックマークしてタグをつけてください。アドレスバーはブックマークの名前や関連するタグにもヒットします。Firefox でのブックマークの詳しい使い方は Firefox のブックマーク機能 をご覧ください。簡単に入力できるタグをつけることで、自動補完リストを進化させることができます。

アドレスバーの検索結果を調整する方法

アドレスバーの設定を変更する

ロケーションバーの自動補完機能をオフにしたり、自動補完の結果から開いているタブ、トップサイト、ブックマーク、履歴を除外することができます:

  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. プライバシーとセキュリティ パネルを選択します。
  3. アドレスバー の下にある以下のいずれかを選択してください:
    address bar settings 57 ja
    • ブラウジング履歴: アドレスバーの自動補完リストに履歴を含めます。
    • ブックマーク: アドレスバーの自動補完リストにブックマークを含めます。
    • 開いているタブ: アドレスバーの自動補完リストに他のタブで開いているページを含めます。
  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. プライバシーとセキュリティ パネルを選択します。
  3. アドレスバー の下にある以下のいずれかを選択してください:
    Fx78AddressBarSettings
    • ブラウジング履歴: アドレスバーの自動補完リストに履歴を含めます。
    • ブックマーク: アドレスバーの自動補完リストにブックマークを含めます。
    • 開いているタブ: アドレスバーの自動補完リストに他のタブで開いているページを含めます。
    • トップサイト: アドレスバーをクリックするとトップサイト ( ホーム パネルで有効化されている場合) を候補に表示します。

検索エンジンの検索候補の設定を変更: 検索履歴からの候補を含め、検索エンジンの検索候補を有効または無効にするには、このリンクをクリックして 検索 設定パネルを開いてください。ここをクリックしてこれらの設定の変更について詳しく学んでください。

自動補完の結果を削除する

自動補完リストから特定の結果を削除したいときには以下のようにします:

  1. アドレスバーで、キーボードの キーまたは キーを押して削除したいエントリーを選択してください。
  2. DeleteShift+DeleteShift+Delete キーを押すとリストからエントリーを削除できます。

自動補完リストの結果をすべて削除するには、Firefox の履歴を削除 してください。

注記: 履歴を削除してもブックマークから自動補完されるエントリーが消えることはありません。これらのエントリーには星印が付いています。これらのエントリーを削除するには 関連するブックマークを消去 するか、アドレスバーの設定を変更 してください。

一時的に自動補完を制限するには

既定デフォルト では、アドレスバーに検索語句を入力すると、検索語句がタイトルの一部、タグの一部、ウェブアドレス (URL) の一部となっている既定のデフォルト 検索エンジンから検索候補、ページ (ブックマーク、履歴、開いているタブ) がアドレスバーの下に表示されます。

ブックマークや開いているタブなど特定の種類の候補を表示したいときは、検索語の次に特別な文字を追加することによって検索速度を上げることができます。以下の文字をロケーションバー中に入力してください:

  • ^ を追加するとページの表示履歴にマッチする候補のみを表示します。
  • * を追加すると、ブックマークにマッチする候補のみを表示します。
  • + を追加すると、タグを付加したページにマッチするのみを表示します。
  • % を追加すると、現在開いているタブにマッチするページのみを表示します。
  • # を追加すると、入力したページタイトルやタグにマッチするページのみを表示します。
  • $ を追加すると、入力したウェブアドレス (URL) にマッチするページのみを表示します。URL 内の "https://" や "http://" は無視されますが "file:///" は無視されません。
  • ? を追加すると、マッチする検索候補のみを表示します。

例えば、「Mozilla Firefox Support」という名前のブックマークされたページを探すときに、「mozilla」と入力するとします。自動補完の結果が表示されますが、目的のページではないかもしれません。

検索文字列を「mozilla *」や「* mozilla」と入力すると、候補をブックマークのみに絞り込むことができます。

この記事は役に立ちましたか?

しばらくお待ちください...

These fine people helped write this article:

Illustration of hands

ボランティア

あなたの専門知識を成長させ、他の人と共有してください。質問に答えたり、ナレッジベースを改善したりしてください。

詳しく学ぶ