安全な接続ができませんでした

この記事は、安全な接続ができませんでした または 接続中止: 潜在的なセキュリティ問題 というエラーページが表示される理由と、その対処方法について説明します。

安全な接続が確立できない

訪れたウェブサイトがユーザーのコンピューターとウェブサイトの間で安全な (https) 接続を確立しようとする時、この接続について、ウェブサイトの証明書 と接続方式が本当に安全かどうかを Firefox が照合します。Firefox が安全な接続を確立できない場合、エラーページが表示されます。

安全な接続ができませんでした

安全な接続ができませんでした というエラーページには、エラーの説明、このエラーを Mozilla に報告するオプション、接続を 再試行 するボタンが含まれています。この種類のエラーを回避するためにセキュリティ例外を追加するオプションはありません。

fx60SecureConnectionFailed-ErrorCode

このエラーページには、次の情報も含まれています:

  • 受信したデータの真正性を検証できなかったため、このページは表示できませんでした。
  • この問題をウェブサイトの管理者に連絡してください。

接続中止: 潜在的なセキュリティ問題

特定の安全な接続に失敗すると、接続中止: 潜在的なセキュリティ問題 というエラーページが表示されます。

Fx66SecError-DidNotConnect Fx67SecError-DidNotConnect

このエラーページには、潜在的なセキュリティ脅威の説明、エラーを Mozilla に報告するオプション、エラーコードと技術情報を表示する 詳細情報詳細... ボタンが含まれています。ウェブサイトを訪れるためにセキュリティ例外を追加するオプションはありません。

ウェブサイトの問題

一部のウェブサイトは、有効期限切れの (もはや安全でない) TLS 機構を安全な接続のために使用しようとします。Firefox は、このような安全な接続の確立に問題があるサイトへの移動を妨げ、ユーザーを保護します。 この問題に遭遇した場合は、そのウェブサイトの所有者に問い合わせ、サイトで使用されている TLS のバージョンを現行の安全なバージョンに更新するように要求してください。

他に、HTTP Strict Transport Security (HSTS) を必要とし、安全でない接続によるアクセスを許可しないウェブサイトもあります。

セキュリティソフトウェアの衝突

多くのセキュリティ製品は、安全な接続に割り込む機能を既定デフォルト で使用しています。これは、接続エラーや安全なウェブサイト上で警告が表示される原因となることがあります。複数の安全なウェブサイト上で安全な接続のエラーが表示される場合は、ご使用のセキュリティ製品を更新するか、その設定を変更することで問題を解決できる可能性があります。AvastAVGESET など特定のセキュリティ製品のためのヘルプは、この記事のウイルス対策ソフトについてのセクション をご覧ください。

代わりに、サードパーティ製セキュリティソフトウェアをアンインストールして、Microsoft が Windows 7 向けに提供している無料のウイルス対策ソフトウェア Microsoft Security Essentials が使用できます。サードパーティ製セキュリティソフトウェアをアンインストールして、Windows 8 と Windows 10 に搭載されている (組み込みの) ウイルス対策ソフトウェア Windows Defender が使用できます。

不正確なシステム時計

Firefox は安全なウェブサイトへの接続時に証明書を使用します。証明書によって、あなたの情報が意図した相手に送信され、第三者によって盗聴されないようにします。コンピューターの日付が正しく設定されていない場合、ウェブサイトのセキュリティ証明書が期限切れまたは不正であると Firefox が検知してしまう原因になります。コンピューターに正確な日付、時間、タイムゾーンが設定されていることを確認してください。より詳細な情報は、安全なウェブサイトで時刻に関係したエラーのトラブルシューティング方法 をご覧ください。


他の安全な接続に関する問題

上述されていない安全な接続の問題をトラブルシュートするには、こちらをご覧ください:

// この記事の貢献者: marsf, dskmori, kenyamaあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する