安全なウェブサイトで時刻に関係したエラーのトラブルシューティング方法

安全とみなされている (URL が "https://" で始まる) ウェブサイトで使用されている証明書は、その有効期限が限定されています。ウェブサイトが提示する正当な期間の証明書とあなたのコンピューターの時計が一致しない場合、Firefox は接続が安全であることを検証できず、"安全な接続ではありません" というエラーページを開きます。取り消されていない証明書を検証するには、あなたのコンピューターとウェブサーバーに正しい時刻が設定されていなければなりません。

このような問題は、日時やタイムゾーンを正確に設定することで修復できます。それでも問題が解決しない場合、ウェブサーバーの設定の誤りが原因である可能性があります。

時刻に関係したエラーコードのリスト

"接続が安全ではありません" のエラーページが表示された場合、詳細 をクリックしてエラーについての詳細な情報を表示してください。以下のエラーコードは、時刻に関係するエラーによって安全な接続が確立しなかったことを示します:

SEC_ERROR_EXPIRED_CERTIFICATE
SEC_ERROR_EXPIRED_ISSUER_CERTIFICATE
SEC_ERROR_OCSP_FUTURE_RESPONSE
SEC_ERROR_OCSP_OLD_RESPONSE
MOZILLA_PKIX_ERROR_NOT_YET_VALID_CERTIFICATE
MOZILLA_PKIX_ERROR_NOT_YET_VALID_ISSUER_CERTIFICATE

エラーページ上のテキストは、Firefox がシステムの時刻の誤りを検知したことを警告し、システムで設定されている現在の日時を表示します。時計の設定が正しくない場合、以下で説明する通り、正しい時刻に設定してください。表示されている時刻の設定が正しいとしても、システムのタイムゾーンの設定が現在位置と一致しているか確認してください。

システムの時計を正しい時刻に設定する

システム上の時計のずれによって起きる安全なウェブサイト上での時刻に関係したエラーは、コンピューターの日時とタイムゾーンを正しく設定することで解決できます:

  1. Windows のスタートボタンをクリックするか、Windows キー Windows Key を押します。
  2. スタートメニューで、設定 を選択します。
  3. 設定ウィンドウで、時刻と言語 を選択します。
  4. 日付と時刻 セクションで、現在の日時の設定を確認できます。設定を変更するには、日付と時刻を変更する の下にある 変更 をクリックするか、タイム ゾーン のドロップダウンメニューを開きます。
    システムの時刻とタイムゾーンが自動的に設定されている場合、手動では変更できません。
  5. 変更が完了したら、設定ウィンドウを閉じてください。
  1. スタート画面から、デスクトップ タイルをクリックします。デスクトップビューが開きます。
  2. デスクトップの右下隅へマウスカーソルを移動してチャームにアクセスします。
  3. 設定 チャームから コントロール パネル を選択します。コントロールパネルウィンドウが開きます。
    Control Panel - Win8
  4. コントロールパネルウィンドウで、時計、言語、および地域の言語 をクリックし、日付と時刻 をクリックします。
  5. 開いたパネルに、現在の日付と時刻の設定が表示されます。設定を変更するには、日付と時刻を変更する または タイム ゾーンを変更する ボタンをクリックします。
  6. 変更を確認して OK をクリックします。

詳しい情報は、Microsoft の 時計の設定 の記事をご覧ください。

  1. Windows のスタートボタンをクリックするか、Windows キー Windows Key を押します。
  2. スタートメニューで、コントロール パネル をクリックします。
    Control Panel - Win7
  3. コントロールパネルウィンドウで、時計、言語、および地域の言語 をクリックし、日付と時刻 をクリックします。
  4. 開いたパネルに、現在の日付と時刻の設定が表示されます。設定を変更するには、日付と時刻を変更する または タイム ゾーンを変更する ボタンをクリックします。
  5. 変更を確認して OK をクリックします。

詳しい情報は、Microsoft の 時計の設定 の記事をご覧ください。

  1. Windows の スタート ボタンをクリックし、コントロール パネル を選択します。
    Control Panel - WinXP
  2. コントロールパネルウィンドウで、日付、時刻、地域と言語のオプション をクリックし、日付と時刻 をクリックします。
  3. 開いたパネルに、現在の日付と時刻の設定が表示され、調整できます。
  4. タイムゾーンの設定を確認、調整するには、'タイム ゾーン タブをクリックします。
  5. 変更を確認して OK をクリックします。

詳しい情報は、Microsoft の To change your computer's time and time zone の記事 (英語) をご覧ください。

  1. Apple メニューをクリックし、システム環境設定 を選択します。
  2. システム環境設定ウインドウで、日付と時刻 をクリックします。
  3. 開いたパネルに、現在の日付と時刻の設定が表示されます。日付と時刻を調整するには、日付と時刻を自動的に設定 を無効にし、手動で日付と時刻を入力し 保存 をクリックして変更を確定します。
  4. 時間帯の設定を確認するには、時間帯 タブをクリックします。時間帯を調整するには、現在の位置情報に基づいて、時間帯を自動的に設定 を無効にし、地図内で現在位置をクリックし、ドロップダウンパネルから最も近い都市名を選択します。
  5. 変更が完了したら、日付と時刻ウインドウを閉じます。

詳しい情報は、Apple の Mac の日時を設定する の記事をご覧ください。

注記: 端末の電源を切った後に何度も時計がリセットされる場合、時計を動かす電池が少なくなっているか空になっていることを示します。製造元のマニュアルに従い、CMOS バッテリーを交換してください。

ウェブサイトの所有者に連絡する

システムの時計の設定を確認しても安全なウェブサイト上で時刻に関係するエラーが起きる場合は、そのアクセスできないウェブサイトの所有者にサイトの問題を知らせてください。ウェブサイトの所有者は、例えば、期限切れの証明書を更新する必要があります。

警告を回避する

警告: 金融取引が行われるような、よく知られた正当なサイトでは警告を回避するべきではありません - この場合、不正な証明書が使用されていると、ウェブサイトとの接続が第三者に漏洩している可能性があることを示しています。

既定デフォルト では信頼されていない証明書であっても、ウェブサイトが許可している場合、例外を追加してサイトを開くことができます:

  1. 警告ページで、詳細 をクリックします。
  2. 例外を追加... をクリックします。セキュリティ例外の追加 ダイアログが表示されます。
  3. ウェブサイトの問題について記述されたテキストを読んでください。表示... をクリックして、信頼できない証明書についてさらに詳しく確認できます。
  4. サイトを信用する場合、セキュリティ例外を承認 をクリックします。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから