記事を翻訳するには

Firefox ヘルプの翻訳にご参加いただきありがとうございます。Firefox ユーザの半分以上は英語以外の言語を話すため、私たちはあなたのような貢献者に依存して、世界中のすべての人々にサポートを提供しています。

ヘルプ求む!

私たちは、いつでも新しい翻訳者 (ローカライザ) を探しています。サイトのクレジット のページで、あなたの言語によるサポートがすでに提供されていないか確認してください。もし提供されていなければ、あなたの言語へのローカライズを喜んでお手伝いします。すでにあなたの言語のリーダーがいる場合は、さらに多くの記事を翻訳またはレビューするために、彼または彼女に連絡を取りたいと思います。

ローカライザになりたいのですが、何をしたらよいですか?

重要なものから順に始めてください。始めるにあたって最も良い選択は、私 Rosana - SUMO コミュニティサポートプログラムマネージャ - rardila (at) mozilla (dot) com にメールを出すことです。あなたの質問に答え、すでにあなたの言語で活動している人たちに会わせます。サイトのクレジット のリストにあなたの言語がある場合は、ロケールリーダーの名前をクリックし、彼または彼女にプライベートメッセージを送信して連絡を取ってください。どのような場合でも、まず SUMO のアカウント登録が必要です。

サポートの翻訳作業はどのようにしますか?

サポートの翻訳作業は 2 つの部分に分かれています。一つは、サイトのユーザインターフェース (ボタンやテキスト、サイドバーなど) です。How to localize the SUMO interface を参照してください。もう一つは、実際のサポート記事です。これらはサイト上で翻訳することができ、完全に翻訳可能な Wiki で書かれています。さらに、サポート記事は以下のように分けられます:

  • 通常の記事: これらの記事はすべて、訪問者のためのナレッジベース記事であり、他の Wiki サイトと同じように翻訳可能です。
    • トラブルシューティング: 問題の解決方法を説明する記事です。
    • 使用方法: 機能の使用方法を説明する記事です。
  • 特別な記事:
    • ナビゲーション (Navigation): これらは、スタートページや質問ページなどの特殊なページです。
    • テンプレート/コンテンツブロック (Templates/Content Blocks): 設定ウィンドウの開き方など、多くの記事で繰り返し使用される記事のパーツです。これらは、一度書くだけで、必要な箇所に同じ文章をいくつでも挿入できます。L10N ダッシュボード または すべてのテンプレートのリスト を参照してください。
    • 貢献者向け (How to contribute): これらは、貢献者向けの記事です。これらを翻訳する必要はありません。これらは貢献者としてアカウント登録した人向けのものであり、検索結果には表示されません。
    • 管理者向け (Administration): 上記のカテゴリに属さないその他の記事です。

私は新しいローカライザです。どこから始めたらよいですか?

L10N ダッシュボード にすべてのアクションがあります。このページはホームページの貢献者向けバナーや他のページの貢献者向けサイドバーからもアクセスできます。リストを注意深く見てください。これから翻訳を始めるための記事がすべてここにあります。翻訳したい記事から始めてください。

記事の翻訳

  1. L10N ダッシュボード を開きます。
  2. 一番上のリストは、アクセス数の多い記事のリストです。最初に翻訳する記事を選んでページを開き、左側の 編集ツール をクリックして展開し、記事を翻訳 をクリックしてください。次に、あなたの言語を選びます。
  3. 次のページでは、左側に英語バージョンが表示され、右側に翻訳文を入力するテキストボックスが表示されます。一番上の項目から始めましょう。記事のタイトルと スラッグを正しく入力 してください。記事の URL になるスラッグは、英語と同じものにしてください。
  4. 次に、記事の キーワードを翻訳して入力 してください。キーワードは、記事を検索した時に見つけやすくするために利用されます。
  5. 検索結果に表示する要約も翻訳 してください。この段落は、検索結果のページに表示されます。
  6. 最後に、実際の記事の内容へ移ります。記事の内容をすべて翻訳してください。製品の UI は注意深く翻訳してください。書かれているものの意味がわからないときは、How to use For および テンプレートの使い方 のガイドラインを参照してください。
  7. 翻訳が完了したら、レビュー待ちにする ボタンをクリックし、編集内容についてのコメントを簡潔に記入してください。このコメントは、記事の履歴ページに表示されます。
  8. 記事の履歴ページで、状態の列の レビュー リンクをクリックすると記事の公開を承認できます (記事の公開は、approver 権限が必要です)。記事がレビューされて承認されると、あなたの翻訳した記事が公開されます。

スラッグの翻訳

スラッグは、記事の URL の一部です (例: http://support.mozilla.org/en-US/kb/this-is-the-slug)。これは、50 文字を超えてはいけません。自動的に生成されるスラッグから不要な単語を削除してください。ただし、人が読んで意味が分かるようにし、重要な単語を含めてください。(日本語版では、英語版と同じにしてください。)

キーワードの翻訳

記事は、簡単に見つけられるようにしなければなりません。これは、キーワードの役目です。タイトルに含まれる単語は、英語の "the" や "is" などの ストップワード を除き、すべてキーワードとして検索時に考慮されます。これらのタイトルに含まれる単語はキーワードに追加しないでください。あなたのロケールに合わせて、一部またはすべてのキーワードを翻訳し、類義語や関連語など、記事に使われている単語を追加してください。ただし、個々のウエイトが軽くなってしまうため、あまり多くのキーワードを追加しないでください。詳しい情報は、When and how to use keywords to improve an article's search ranking の記事をご覧ください。

記事の要約の翻訳

記事の内容を正確に表す翻訳を最大 160 文字に要約して記述してください。これは、Google 検索の検索結果にすべて表示されます。

製品 の UI ラベルの翻訳

製品の UI は、たいてい、あなたが翻訳したものではありません。どのような訳語が当てられているか調べるには、Transvision glossary を利用してください。

翻訳された記事を更新するには?

英語版の記事は通常、次の 3 段階の編集レベルで更新されます:

  1. マイナーな編集 = 手順に影響しない細かい変更です。これらのマイナーな変更はローカライザにとって重要ではないためメールで通知されません。
  2. メジャーな編集/コンテンツ変更(既定) = マイナーよりも大きな変更ですが、現在の翻訳記事の価値を下げない変更です。ローカライザにのみメールで通知されます。
  3. メジャーな編集/翻訳 = このメジャーな編集は、記事の内容を大きく変更し、現在の翻訳記事の価値を下げます。この変更は、ローカライザに通知され、翻訳されたページに、この記事が更新されていないことを読者に伝える "有効期限切れ" と書かれたヘッダが追加されます。

以下は、ナレッジベースの更新を容易にするためのヒントです。

すべての記事の変更を追いかけるには?

  1. L10N ダッシュボード を開きます。
  2. 左側の「リビジョン変更時にメールで通知する...」をクリックしてください。
  3. クリックすると、次のオプションが表示されます:
    • レビュー待ち: 記事の編集は誰でもできます。あなたがロケールリーダーなら、このオプションにチェックを入れてください。あなたの言語の記事に誰かが貢献したことが分かります。
    • 承認済み: 記事が承認されると、すべての人に公開されます。ロケールリーダーはこのオプションにチェックを入れてください。
    • 翻訳準備完了: 英語バージョンの記事が整うと、編集者が翻訳準備完了のマークを付けます。あなたがローカライザなら、このオプションにチェックを入れてください。英語版ナレッジベース記事の変更が常に通知されるようになります。

大量の差分がある記事の編集

英語版の記事に大量の変更がある場合は、差分が多くなり、すでに翻訳された部分の変更を追跡するのが困難になります。この負担を軽減するには、編集ページを新しいウィンドウウインドウ に複製し、それを現在のページの右側に置いて上部の差分まで画面をスクロールしてください。これで、英語版のソースが左側に置かれ、差分が右側に置かれます。

Localizing Article Diff

質問がありますか? ローカライズのアシストが必要ですか? l10n フォーラム で質問してください。

日本語版について

分からないことがあれば、Mozilla 翻訳フォーラムでお気軽にご質問ください。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから