Web サイトに最新バージョンの Firefox が古いまたは互換性がないと表示される

一部の Web サイトは、特定のブラウザと特定のバージョンを必要としたり、ご使用の Firefox のバージョンを Web サイトが正しく識別できていないため、うまく動作しない可能性があり、以下の問題の原因となります:

  • Web サイトが正しく動作せず、最新バージョンの Firefox を使用しているのに、ブラウザが古いまたは未サポート、互換性が無いなどと警告したり、ブラウザの更新を促したりする。
  • ご使用の Firefox ブラウザとそのバージョンが正しく認識されず、Addons.Mozilla.org から拡張機能やテーマをインストールできない。

Firefox に誤ったユーザエージェントが設定されている

すでに、その Web サイトやアドオンが使用中の Firefox のバージョンと互換性があることが検証されているならば、この問題は Firefox のユーザエージェント ("User Agent") 文字列に原因があると思われます。ユーザエージェント文字列は、Web サイトが使用中のブラウザを識別するためのものです。この問題は、Firefox の設定でユーザエージェント文字列をリセットすることで修復できます。

ユーザエージェント文字列をリセットするには:

  1. ロケーションバーabout:config と入力し、EnterReturn キーを押します。

    • about:config の "動作保証対象外になります!" という警告ページが表示されます。細心の注意を払って使用する をクリックし、 about:config ページを開いてください。
  2. フィルタ検索 欄に useragent と入力して以下の設定項目を探してください。
  3. 以下の項目が存在する場合は、それぞれを右クリック Ctrl キーを押しながらクリック し、コンテキストメニューから リセット を選択します。
  • general.useragent.extra.firefox
  • general.useragent.extra.productName - productName の部分はサードパーティ製のソフトウェアの名前になります (例: microsoftdotnet)。
  • general.useragent.locale
  • general.useragent.override
  • general.useragent.security

02b3344483db3562793f864138323ae8-1260959291-158-1.jpg

ユーザエージェント文字列をリセットした後、Cookie と キャッシュを消去する必要があります:

  1. Firefox ウィンドウ上部の Firefox ボタンをクリックし、履歴 メニューから 最近の履歴を消去... を選択します。メニューバー上の ツール メニューをクリックし、最近の履歴を消去... を選択します。Firefox ウィンドウ上部の ツール メニューをクリックし、最近の履歴を消去... を選択します。
  2. 消去する履歴の期間: ドロップダウンメニューから すべての履歴 を選択します。
  3. 消去する項目 の横の矢印をクリックして消去できる項目のリストを表示します。
  4. Cookieキャッシュ の両方にチェックを入れてください。
  5. 今すぐ消去 ボタンをクリックします。
  1. Firefox ウィンドウ上部の Firefox ボタンをクリックし、履歴 メニューから 最近の履歴を消去 を選択します。メニューバー上の 履歴 メニューをクリックし、最近の履歴を消去 を選択します。Firefox ウィンドウ上部の 履歴 メニューをクリックし、最近の履歴を消去 を選択します。
  2. 消去する履歴の期間: ドロップダウンメニューから すべての履歴 を選択します。
  3. 消去する項目 の横の矢印をクリックして消去できる項目のリストを表示します。
  4. Cookieキャッシュ の両方にチェックを入れてください。
  5. 今すぐ消去 ボタンをクリックします。
  1. メニューボタン New Fx Menu をクリックし、履歴 をクリック、最近の履歴を消去... を選択します。
  2. 消去する履歴の期間: ドロップダウンメニューから すべての履歴 を選択します。
  3. 消去する項目 の横の矢印をクリックして消去できる項目のリストを表示します。
  4. Cookieキャッシュ の両方にチェックを入れてください。
  5. 今すぐ消去 ボタンをクリックします。

上記の設定をリセットしても問題が解決できないときは、以下の記事を参考にしてください:

Web サイトが最新バージョンの Firefox を誤って古いバージョンとみなしている

一部の Web サイトが、Firefox のバージョンを (バージョン 10 以降ではなく) 誤って 1 とみなしているため、Firefox が古く、互換性が無く、サポートされていないものとされてしまいます。私たちは、この問題を修正していただくように Web サイトに働きかけています。しばらくの間は、この表示を無視してもよいですが、問題の Web サイトを Mozilla に報告してください:

  1. Firefox ウィンドウ上部の Firefox ボタンをクリックし、ヘルプ メニューから (Windows XP の場合 ヘルプ メニューをクリックし、) フィードバックを送信... を選択します。Firefox ウィンドウ上部の ヘルプ メニューをクリックし、フィードバックを送信... を選択します。メニューバー上の ヘルプ メニューをクリックし、フィードバックを送信... を選択します。 フィードバックを送るページが新しいタブに読み込まれます。
  2. "Firefox の悪いところ" をクリックします。
  3. Firefox の問題点を記入するページが表示されます。Web サイトの問題点を簡潔に記入し、内容をよく確認して Web サイトの URL を入力してください。
  4. フィードバックを送る ボタンをクリックします。

動作しない Web サイトでの回避策

Web サイトが正しく動作しない場合は、Web サイトに対して一時的に Firefox を別のブラウザ (または別のバージョン) であると認識させることで回避できます。これを行うために、User Agent Switcher の拡張機能をインストールしてください:

  1. User Agent Switcher アドオン のページを開いてください。
  2. 緑色の Add to Firefox ボタンをクリックしてアドオンをインストールしてください。
  3. 今すぐ再起動する をクリックして Firefox を再起動します。

Firefox が再起動したら、次の手順で Firefox のユーザエージェント文字列を変更し、Web サイトから見て、あなたが Firefox 9.0.1 を使用しているように見せかけてください:

  1. Windows 7 および Vista の場合は、Alt キーを押して従来のメニューバーを Firefox ウィンドウ上部に表示してください。
  2. ツール メニューから Default User Agent を選択し、Edit User Agents... を選択します。
    user agent switcher
  3. User Agent Switcher のオプションウィンドウで New ボタンをクリックし、New User Agent... を選択します。
  4. User Agent ウィンドウで、説明を記入 (例えば「Firefox 9」) し、User Agent 文字列の最後の数字を 10.0.2 から 9.0.1 に変更してください。OK ボタンをクリックします。
    user agent switcher 3
  5. 次に、Firefox の ツール メニューから Default User Agent を選択し、上記で新しく作成したユーザエージェントを選択してください。
    user agent switcher 4
  6. 最後に、問題の Web ページを再び読み込んで正しく動作することを確認してください。
  1. ツール メニューから Default User Agent を選択し、Edit User Agents... を選択します。
  2. User Agent Switcher のオプションウィンドウで New ボタンをクリックし、New User Agent... を選択します。
  3. User Agent ウィンドウで、説明を記入 (例えば「Firefox 9」) し、User Agent 文字列の最後の数字を 10.0.2 から 9.0.1 に変更してください。OK ボタンをクリックします。
  4. 次に、Firefox の ツール メニューから Default User Agent を選択し、上記で新しく作成したユーザエージェントを選択してください。
  5. 最後に、問題の Web ページを再び読み込んで正しく動作することを確認してください。
注意: User Agent Switcher は、Firefox を閉じて再び起動した時、自動的に元のユーザエージェントを復元します。Firefox を再起動して問題の Web サイトを開く時は、その度に Firefox 9 のユーザエージェントを選択する必要があります。



この記事を共有する: http://mzl.la/KJHguk

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから