フィルター機能でメッセージを管理する

メッセージフィルターを使うと、Thunderbird でメッセージを自動的に管理できます。フィルターは、メッセージをフォルダーに移動したり、メッセージを削除したり、他のメールアドレスへ転送するなど、様々な機能を持っています。

フィルターを適用するタイミング

新着メールの受信時 (既定デフォルト で有効) ‐ このフィルターは、受信トレイ内の新着メールに適用されます。これは、Thunderbird が新着メールを迷惑メールに分類する前、または後のどちらかに適用できます。メッセージ本文のフィルタリングが難しい場合は、分類後に適用するとよいでしょう。

メール送信後 ‐ このフィルターは、送信したメールのみに適用されます。

メールのアーカイブ時 ‐ このフィルターは、メールに対して アーカイブ を選択した時、アーカイブ (保管) 操作に含まれるすべてのメールに適用されます。

フィルターは、メッセージフィルター一覧の並び順に実行されます。ただし、この順番で実行できない場合は除きます。この場合、補足: フィルター動作は異なる順で実行されます。 というメッセージと 実行順を見る のリンクが表示されます。このリンクをクリックすると、フィルターの実行順を確認できます。例えば、メッセージを別のフォルダーへ移動するフィルターがあり、リストの後にメッセージに返信するフィルターがある場合、メッセージが別のフォルダーへ移されているため、返信フィルターが動作しません。このような場合に、Thunderbird は実行する順番を変更し、移動フィルターの前に返信フィルターが実行されるようにします。

filter order warning

フィルターを適用するフォルダー

フィルターを手動で実行する場合、特定のフォルダーに適用できます。自動実行では特定のフォルダーを選択できません。

自動的に適用されるフィルターは、受信トレイのみに適用されます。ただし、アーカイブフィルターと送信フィルターは例外です。このアーカイブ操作と送信操作で実行されるフィルターは、その操作に含まれるメールのみに適用され、別の種類のフォルダーには影響ありません。

新しいフィルターを作成する

  1. アプリケーションメニューボタン New Fx Menu をクリックし、メッセージフィルター を選択します。
  2. 新規 ボタンをクリックします。フィルターの設定 ダイアログボックスが表示されます。
  3. 「フィルター名」の欄に、作成するフィルターの名前を入力してください。
  4. 「フィルターを適用するタイミング」の下の必要なオプションにチェックを入れてください。
    補足: 多くの場合、初期設定の 手動で実行する新着メール受信時 のオプションを変更する必要は無いでしょう。
  5. 新着メール受信時 のドロップダウンメニューで、迷惑メール分類前に実行迷惑メール分類後に実行 のどちらかを選択してください。
  6. フィルター対象の プロパティ一致基準 の各ルールを適切に設定してください:
    • プロパティ は、「件名」や「差出人」など、フィルター対象に指定するメッセージの要素です。
    • 一致基準 は、プロパティが「次を含む」や「アドレス帳にある」など、対象を調べるための基準です。
    • は、メールアドレスやキーワードなど、基準を満たすための指定値です。
  7. 次に、メッセージに対する一つ以上の動作を指定します。
    Elements of a new Filter Rules dialog-updated
    補足: ルールを追加するには、右端の + をクリックします。ルールを削除するには、削除するルールの - ボタンをクリックします。
  8. すべてのルールを指定したら、OK ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。
  9. 新しいフィルターを受信済みのメッセージに適用したいときは、メッセージフィルター ダイアログ下部の 今すぐ実行 ボタンをクリックしてください。新着メッセージの受信時には、フィルターがすべての新着メッセージに対して自動的に適用されます。

フィルター作成例

スターを付ける

ご自分の仕事用のドメインからのすべてのメッセージにスターを付けて受信トレイ内で目立たせたいときは、例えば、次のようにフィルターを作成してください:

  • フィルター名: 仕事用
  • フィルター条件: 「差出人」「に次を含む」「myworkplace.com」 (ドメイン名は差出人のメールアドレスに合わせます)
  • フィルター動作: 「メッセージにスターを付ける」

Filter example, add Star

ヒント: メッセージの差出人のアドレスから、直接メッセージフィルターを作成することができます。メッセージヘッダ内の差出人メールアドレスを右クリックし、フィルターを作成 を選択してください。既定デフォルト では、新しいフィルターは「差出人」「が次と一致する」「(差出人のメールアドレス)」に設定されます。

フォルダーへ移動する

優先度の低いメッセージは別のフォルダーへ移動して、受信トレイを整理したいことがあるでしょう。例えば、よく利用するお店からの宣伝メッセージを別のフォルダーに分けたいときなどです。

はじめに、専用のフォルダーを作成しておきます。ファイル メニューをクリックし、新規作成 から フォルダー を選択します。「宣伝」などの名前を付け、フォルダーを作成 ボタンをクリックしてください。次に、以下のようなフィルターを作成します:

  • フィルター名: 宣伝メール
  • フィルター条件: いずれかの条件に一致
    • 「差出人」「が次と一致する」「sales@software.biz」 (対象のメールアドレスを指定します)
    • 「件名」「に次を含む」「値引きセール」
    • 「差出人」「に次を含む」「お客様」
  • フィルター動作: 「メッセージ移動する」「(メールアカウント名) の 宣伝 フォルダー」

Filter example, move to "Promotions" folder

「いずれかの条件に一致」を選択したため、以下のいずれかの条件に一致するすべてのメッセージが、自動的に受信トレイの宣伝フォルダーへ移動します:

  • sales@software.biz から送信されたメッセージ
  • 件名に「値引きセール」を含むメッセージ
  • 差出人のアドレスや表示名に「お客様」が含まれるメッセージ (「お客様サービス」や「お客様サポート」など)
注記: メールアドレスを登録していない相手からの宣伝メールなど、迷惑メールのためにフィルターを使うこともできますが、お勧めしません。代わりに、この目的のために設計された Thunderbird の迷惑メールコントロール機能 を使用してください。
ヒント: フィルターの動作に問題が起こったときは、ご自身で動作を確認してみてください。例えば、新しいメッセージを別のフォルダーへ移動するフィルターを作成して、それがうまく動作しない場合は、メッセージフィルターを、すべての新着メッセージにスターを付けるものに変更してみてください。これが動作したら、別のフォルダーへ移動するメッセージだけにスターを付けるように変更します。これも動作したら、スターを付ける代わりに、別のフォルダーへ移動するようにフィルターの動作を変更してください。

参照

// この記事の貢献者: marsf, itokあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する