Thunderbird 45.0 の新機能

この記事は、Thunderbird バージョン 45.0 におけるユーザー向け機能の主な変更点について書かれています。Thunderbird 45 でのすべての変更の詳細は、リリースノート をご覧ください。

メール編集

メール編集機能にさまざまな改善が行われています。

  • 差出人名 (From) を メッセージごとに編集 できるようになり、一時的に変更できるようになりました。
    注記: この機能は、すべてのメールプロバイダーで許可されているわけではありません。
editable from address
  • 複数のスペルチェック辞書を使用している場合、メッセージの件名の編集中に辞書を変更できるようになりました。使用中の辞書の 言語も表示 されます。
dictionary TB45
  • 文字サイズの変更機能が変更され、編集ツールバーの 文字サイズ選択ボタン から直接選べるようになり、従来の文字サイズを "大きく" または "小さく"するボタンは、この範囲 (6 段階) でサイズ変更されるようになりました。
font size TB45
  • Thunderbird の編集ウィンドウウインドウ がワープロソフトのように動作するよう変更され、Enter キーで段落を挿入、Shift + Enter キーで改行を挿入するようになりました。この新しい動作は、Thunderbird > 環境設定ツール > オプション編集 > 設定 メニューから設定を開き、編集 パネルの 一般 タブから切り替えられます。
  • 受信したメッセージで使用されているフォントがローカルにインストールされていなくても、フォントインジケーターに表示されるようになりました。
Font indicator TB45

メール送信フォーマット

  • 以前は、メッセージに "リッチテキスト" 要素が使用されておらず、アドレス帳に登録された受信者が HTML 形式のメールを好まない場合、Thunderbird はプレーンテキスト形式でメールを送信していましたがこの自動ダウングレード機能を無効にできるようになりました。Thunderbird > 環境設定ツール > オプション編集 > 設定 メニューから設定を開き、編集 パネルの 一般 タブにある 送信テキスト形式 のダイアログから変更できます。

中国語、日本語、韓国語のメール

  • 送信メールを中国語、日本語、韓国語のいずれかの文字 (CJK) を含めて作成した場合、不要なスペース文字がテキストに送信されることがありました。この問題は修正され、作成したとおりに送信されます。
  • 日本語のメールが、RFC 1468 および RFC 3676 に完全準拠するようになりました。

リモートコンテンツの例外

  • Thunderbird の既定のデフォルト 設定では、HTML メッセージに埋め込まれたリモート画像 (メッセージに含まれておらず、ウェブサイトからダウンロードする必要のあるもの) を表示しません。この機能は、ユーザーをウェブサイトによる追跡から保護します。リモートコンテンツの読み込みを許可するサイトの選択メニューが改善されました。(注記: プログラム内部の変更により、送信者のメールアドレスを基にしたリモートコンテンツの例外設定は、Thunderbird 38 から引き継がれません。)
remote exceptions TB45

アドレス帳のエクスポート

Address book export TB45

メッセージリストとメッセージヘッダー

  • メッセージペインに、"差出人" (From) と "受信者" (Recipient) の列の代わりに、既定デフォルト"通信相手" (Correspondents) の列 を表示できるようになりました。
correspondents TB45

バージョン 45.0 では、mailnews.ui.upgrade.correspondents preference 設定の値を false に切り替えておかない限り、既存のフォルダーが新しい表示にアップグレードされます。バージョン 45.1 以降では自動的にアップグレードしません。既定で "通信相手" の列を表示したいときは、mail.threadpane.use_correspondents 設定の値を true に設定する必要があります。
設定エディタにアクセスするには、Thunderbird > 環境設定ツール > オプション編集 > 設定 の順に進み、詳細 パネルを選択して 一般 タブを選択し、設定エディタ... をクリックします。警告ページが開いたら、細心の注意を払って使用する をクリックし、設定エディタを開きます。詳しい情報は、設定エディタ の記事をご覧ください。
  • メッセージの表示中に、送信者や受信者の名前とメールアドレスをメッセージヘッダーからコピーできるようになりました。メッセージヘッダーの対象者のコンテキストメニューの 新しいオプション からコピーできます。
copy name and email TB45
// この記事の貢献者: marsf, dskmori, c-bouあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する