設定エディタ

時々、通常のユーザインターフェースからはアクセスできない Thunderbird の設定を表示、編集する必要があるかもしれません。これは、Thunderbird の「設定エディタ」から行えます。

設定エディタを開く

  1. 設定エディタを開くには、メニューバーの Thunderbird | 環境設定ツール | オプション編集 | 設定 メニューを選択して設定ウィンドウウインドウ を開きます。
  2. 詳細 パネルを選択します。
  3. 一般 タブを選択します。
  4. 設定エディタ... ボタンをクリックします。
    • 初めて開く時は、誤って設定を変更しないように注意を促す警告画面が表示されます。
    Config Editor Warning
    この警告は無視しないでください。設定エディタで設定の変更を誤ると Thunderbird が使用できなくなる可能性があります。必要な場合は、慎重に設定を変更してください。
  5. 警告を再び表示したくない場合は、次回もこの警告を表示する のチェックを外し、細心の注意を払って使用する ボタンをクリックして進んでください。

設定の編集

Config Editor 設定エディタでは、「検索」フィールドに文字列を入力して設定のリストを絞り込むことができます。表示または編集したい設定の名前や値に含まれる文字を入力してください。

既定デフォルト 値から変更されている設定は太字で表示されます。

設定の変更

  • 設定を変更するには、その設定をダブルクリックするか、右クリックして 値を変更 (ture/false 設定では 切り替え) を選択します。
  • その設定を既定デフォルト 値にリセットするには、右クリックして リセット を選択します。

設定の追加と削除

稀に、新しい設定を追加する必要があるかもしれません。Thunderbird やアドオンのドキュメントに説明がない限り、設定を追加すべきではありません。新しい設定を追加するには:

  1. 設定画面内のどこかを右クリックし、新規作成 メニューを選択します。
  2. そのサブメニューから、作成する設定の適切な種類を選んでください: 文字列整数値真偽値
    • 以前追加した設定を削除するには、上記の手順で リセット を選択してください。

変更した設定の保存

設定の変更はすぐに反映されます。つまり、保存 ボタンをクリックする必要はありません。しかしながら、Thunderbird の一部の機能や多くのアドオンは、Thunderbird の起動時にのみ設定を読み込むため、設定の変更を反映させるために編集後は Thunderbird を再起動するとよいでしょう。

注記: 再起動するには、設定エディタウィンドウウインドウオプション設定ウィンドウウインドウ を含め、Thunderbird のすべてのウィンドウウインドウ を閉じる必要があります。

Thunderbird が既定デフォルト 値に戻された設定を設定ファイルに保存しないのを知っておくことも重要です。既定デフォルト 値でない設定のみが保存されます。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから