ログイン情報はどこに保存されますか?

ログイン情報は Firefox に保存されていますか? それとも、この Web サイトが保存していますか? Web サイト上で自動的に入力されるログイン情報をコントロールするにはどうしたらよいでしょうか。自動的に行われていることをコントロールできるように、ログイン情報がどのように保存されているかを説明します。

ログイン情報の保存場所を知るには

ログイン情報は、Firefox のパスワードマネージャか Cookie に保存されます。

Firefox のパスワードマネージャ は、Web サイトへのアクセス時に利用したユーザ名とパスワードを安全に保管し、次回、その Web サイトを開いた時に自動で入力されます。

まだ Firefox に記憶させていない Web サイトのユーザ名とパスワードを入力した時、パスワードを記憶させるか確認するポップアップが表示されます。パスワードを記憶する を選択した場合、次回、その Web サイトを開くと自動的にログイン情報が入力されます。

Cookie は、Web サイトがあなたのコンピュータに保存する小さな情報です。ログイン情報は、Web サイトの Cookie に保存されることもあります。

Web サイトを訪れて「ログイン状態を保持する」などのオプションにチェックを入れてログインした場合、その Web サイトは、あなたのユーザ名とパスワードなどのログイン情報を Cookie に保存します。次回、その Web サイトを開くと、ログイン情報の格納された Cookie が Web サイトに送信され、自動的にログインすることができます。または、パスワードのみの入力でログインできるでしょう。

補足: ログイン情報は、Firefox のパスワードマネージャと Cookie の両方に保存しておくこともできます。

ログイン情報をパスワードマネージャや Cookie に保存する利点と欠点

Firefox パスワードマネージャ

Firefox のパスワードマネージャを使用する利点の一つは、すべてのログイン情報 (ユーザ名とパスワード) が一箇所に保存されることです。Firefox のパスワードマネージャでログイン情報を見つけることができるため、どこに書き残したか忘れる心配がありません。

一方で、すべてのログイン情報を一箇所に置くことは、保護されないため、危険性を伴います。理論的には、誰かがあなたのコンピュータにアクセスし、Firefox のパスワードマネージャを開いてあなたのログイン情報を見ることができてしまうと、Amazon などのショッピングサイトにログインして悪ふざけをされる可能性があります。幸い、Firefox には、このような他者によるログイン情報へのアクセスを防ぐ マスターパスワード 機能があります。マスターパスワードを設定して保存されたパスワードへのアクセスを保護してください。

Cookie を利用する利点は、Web サイトへのログインを維持することができるため、ログインの手続きをとばして、速やかにアクセスしたいページを開けることです。例えば、Facebook や Twitter などのサイトは、これを行うために Cookie を利用しています。

Cookie を利用する欠点の一つは、コンピュータに保存された Cookie とキャッシュを消去すると、そこに保存されたログイン情報も失われることです。これは、コンピュータと Web サイトの間の問題を解決するために Cookie を消去した場合に起こることがあります。Cookie を消去した場合は、次回、その Web サイトを開いたときにログイン情報を再入力する必要があります。

ログイン情報を保存するための方針

フレーズを使って覚えやすいパスワードを作成する

ログイン情報を保存するためのもっとも安全な手段は、あなたの記憶に頼ることです。これは、あなたが思うよりも簡単です。Web サイトごとに異なるログイン情報を設定し、それらを記憶してください。詳しくは、より安全なパスワードを選ぶには の記事をご覧ください。

パスワードマネージャとマスターパスワードを利用する

すべてのログイン情報を記憶するには、何らかの助けが必要になるでしょう。次に安全な手段は、Web サイトごとに異なるログイン情報を設定 し、Web サイトへのログイン時にそれらを パスワードマネージャ に保存します。次に、保存したパスワードを マスターパスワード で保護してください。

Master Password - Win1

マスターパスワードを使わずにパスワードマネージャを利用する

誰かがあなたのログイン情報を使用して Web サイトにアクセスする危険性が低いと思われる場合 (あなたのコンピュータが自宅に置かれ、ネットワークの接続が保護されており、信頼できる人しか使用しない場合など) は、Web サイトごとに異なるログイン情報を設定 し、マスターパスワードは利用せずに、それらのログイン情報を パスワードマネージャ に保存してもよいでしょう。

手間をかけずにログインしたい場合 (一日に何度も Web サイトを訪れる必要があるためログインページをとばしたい場合) は、あなたのコンピュータが安全な場所に置かれ Web サイトの危険性が低い (クレジットカード情報などを扱わない) のであれば、ログイン情報をパスワードマネージャと Cookie の両方に保存してもよいでしょう。

注記: どのような方法でログインしようとも、常に、接続が保護された安全なページ上でログインしてください。詳しくは、Web サイトへの接続が安全か確認するには の記事を参照してください。

ログイン情報を管理するには

ユーザ名やパスワード、Cookie を変更または削除したいときは、以下の記事を参照してください:

サードパーティ製のパスワード管理ソフトウェア

以下に、複数のブラウザや OS、モバイル端末で利用でき、その他の機能を持ついくつかのパスワード管理ツールを紹介します:

RoboForm は、パスワード入力を完全に自動化し、クリック一回でフォームに入力する機能があります。これは、企業やその従業員にとって、とても効果的な機能です。

1Password は、例外的に優れており、すべてのブラウザで動作し、パスワードだけでなく、クレジットカード番号や銀行の情報、ソフトウェアライセンスとユーザ ID 情報などを保存することができます。

Lastpass は無料で利用でき、モバイル端末を含むすべての一般的に使用されるプラットフォームで動作します。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから