より安全なパスワードを選ぶには

より安全なパスワードを選ぶことで、インターネット上で個人情報を安全な状態に維持することができます。この記事および Mozilla による How to Choose Strong Passwords の動画で、覚えやすく安全なパスワードを作成する方法を紹介します。

ステップ 1: フレーズを選ぶ

簡単なフレーズで、より安全なパスワードを作成できます。例えば、アメリカの詩人 Ogden Nash の詩から引用した表現を使ってみましょう: "Happiness is having a scratch for every itch."

各単語の最初の文字を使い、“for” には数字の「4」を使うと、次のような表現が得られます。

Hihas4ei

ステップ 2: 特殊文字を加える

そのままでもかなり強力なパスワードですが、特殊文字を加えるとさらに強力になります。

#Hihas4ei:

ステップ 3: Web サイトと関連付ける

特定のサイトに対して関連性のある覚えやすい接頭辞や接尾辞を加えることで、複数の異なった Web サイトに新しいパスワードを適用できます。サイト名の最初の文字とその後に続く子音を 2 文字使用してみましょう。

もう少しだけランダムなものにするには、大文字と小文字を交互に使います。サイト名の最初の文字が母音である場合は大文字で始めます。より複雑なものにするには、同じルールを用いて、作成したパスワードの前あるいは後にサイト名を連想できる文字列を付け加えます。

#Hihas4ei:AmZ  Amazon 用
fCb#Hihas4ei:  Facebook 用
#Hihas4ei:YtB  YouTube 用
dRm#Hihas4ei:  Drumbeat 用

上記の例は、パスワードをカスタマイズするために、それぞれの Web サイトに対してどのような接頭辞や接尾辞を加えるのかを示す一例に過ぎません。接尾辞の文字の順番を逆にしたり、母音あるいは子音のみを用いたり、特定の Web サイトに関して連想する他の文字を加えたりすることも、セキュリティを高める方法です。

ここで紹介した方法は、フレーズから作成したパスワードの一部を複数の Web サイトで繰り返し使うことができますが、銀行アカウントのような重要な情報を含むサイトでも同じように使おうと考えてはいけません。そうしたサイトには、パスワードを選ぶにあたってそのサイト独自のフレーズを考慮する必要があります。

自分で作成してみましょう!

ちょっと時間を割いて、自分にとって意味のあるフレーズを考えてください。そのフレーズを使って、訪問するサイトごとにカスタマイズできる安全なパスワードを作成してみましょう。

安全なパスワード選択の詳細は、『Shiny Pebbles』のブログ記事を参照してください。

Mozilla は、この記事を公共のガイドとして提供しています。セキュリティに対するアプローチは、いかなるものであれ 100% の安全性を保証するものではありません。また、この記事におけるいかなる記載もあなたが作成したパスワードの安全性を保証するものではありません。
Web サイトによっては、特殊文字の一部またはすべての使用が許可されていないことがあります。使用が許可されている特殊文字に注意してください。



この記事を共有する: http://mzl.la/O36XLr

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, sys9kdr。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから