署名について

"署名" は、あなたが送信するすべてのメッセージ (新しいメッセージやメッセージへの返信も含む) に自動的に付加されるテキストのブロックです。これらは一般的に、追加の連絡先情報や法的な事項、決まり文句など、すべてのメールに関連する情報を提供するために使用されます。この記事は、Thunderbird で署名を設定し、使う方法について書かれています。


署名について

あるメールの署名は次のようなものです:

John Doe

Minion

The Big Example Organization

署名は Thunderbird の アカウント設定 で作成できます。メニューから ツール編集 | アカウント設定 を選択して設定ウィンドウを開き、左側のパネルから署名を作成したいアカウントを選択します。

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1263782960-169-1.jpg

複数のメールアカウントがある場合は、アカウントごとに署名を設定してください。


プレーンテキスト形式の署名

プレーンテキスト形式の署名を設定するには、送信メッセージに付加したいテキストを 署名編集 の欄に入力してください。プレーンテキスト形式の署名は、書式付き (HTML 形式) とプレーンテキストのメッセージのどちらでも使用できます。

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270075431-260-1.jpg

...これは次のようになります...

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270075532-990-1.jpg


HTML 形式の署名

署名に HTML の書式を使用するには、HTML 形式で記述する にチェックを入れ、署名編集 の欄でお好みの HTML マークアップを記述してください。これをテキスト形式のメッセージとして送信する場合、HTML マークアップの代わりにテキスト形式の文字が用いられます。

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270075771-11-2.jpg

...これは次のようになります...

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270075771-11-1.jpg


ファイルに保存された署名

また、署名が含まれたファイルを選択することもできます。ファイルから署名を挿入する にチェックを入れ、参照... ボタンをクリックしてファイルを選択してください。ファイルは、プレーンテキストまたは HTML 形式で書かれたテキストファイル、または画像ファイル (JPEG または PNG 形式) を選択できます。ただし、画像ファイルを署名として指定した場合は、HTML 形式のメッセージでしか使用できません。

署名ファイルを作成する一つの方法として、Thunderbird のメッセージ作成ウィンドウを利用することができます。例えば、Thunderbird で HTML 形式の新しいメッセージを作成します (ファイル | 新規作成 | メッセージ)。HTML ツールバーが表示されたウィンドウです。

HtmlToolbar

(HTML ツールバーが表示されていない場合は、HTML ではなく、テキスト形式で作成しようとしています。HTML 形式でメッセージを作成するには、Shift キーを押しながらメッセージ作成ボタンを押すか、ツール | アカウント設定 | 編集とアドレス入力 から、HTML 形式でメッセージを編集する にチェックを入れてください。)

  1. あなたの署名を作成してください。多くの書式や機能が、メニューバーの 挿入 メニューや 書式 メニューから利用できます。

    18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270077639-894-1.jpg
  2. ファイル | 選択して保存 | ファイル... をクリックします。ファイルの種類から「HTML ファイル」を選択し、保存するファイル名を入力して 保存 ボタンをクリックしてください。
  3. メッセージ作成ウィンドウを閉じます。閉じるときに、保存しない ボタンをクリックして閉じてください。
  4. アカウント設定を開き、左側のパネルから署名を付けるメールアカウントを選択してください。
  5. ファイルから署名を挿入する にチェックを入れ、参照... ボタンをクリックします。先ほど保存したファイルを選択してください。

署名に画像ファイルを挿入する

署名にあなたのコンピュータ上の画像ファイルを挿入するには、まず、上記の手順に従って HTML 形式の署名を作成します。署名の編集時に、挿入 | 画像... メニューオプションから、署名に挿入したい画像を選択してください。

18b145ed7d093472557cda5e6f9b1477-1270078353-181-1.jpg

さらに、画像ファイルの選択時に表示されるダイアログで、画像の大きさや表示位置、リンクなどを設定することができます。

また、Web サーバ上に置かれた画像ファイルを添付ファイルの一部として署名に挿入することができます。画像の場所: に、ファイル名の代わりに画像の URL を入力してください。「この画像をメッセージに添付する」にチェックを入れると、画像ファイルがメッセージに添付ファイルとして含まれます。このオプションのチェックを外すと、メッセージの受信者は、インターネットに接続されていないと署名の画像を表示できません。また、多くのメールアプリケーションは、セキュリティ上の理由からリモートコンテンツをブロックするように設定され、画像ファイルがメッセージに添付されていない限り、画像が表示されないようになっていることにも注意してください。


vCard の使い方

vCard は、電子名刺の標準規格のファイル形式です。vCard には、名前と所在地情報、電話番号、メールアドレス、URL、ロゴ、顔写真などを含めることができます。受信メッセージに vCard が添付されている場合、Thunderbird は、vCard のコンテンツを署名として表示します。また Thunderbird には、メッセージの送信時に vCard を添付する設定があります (自動添付またはメッセージごと)。設定方法は、電子名刺 (vCard) の使い方 の記事を参照してください。


署名の位置

メッセージを返信する時、初期設定では、あなたの署名はメッセージ末尾の引用文のすぐ下に追加されます。この動作を変更するには:

  1. メニューから ツール編集 | アカウント設定 を選択してアカウント設定ウィンドウを開きます。
  2. <アカウント名> | 編集とアドレス入力 を選択します。
  3. キャレットの初期状態 の設定を 引用部の上 に変更してください。
  4. 次に、署名を挿入する位置 の設定を 返信部の下 (引用部の上) に変更してください。

この設定は、アカウントごと設定できます。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから