グローバル検索データベースの再構築

グローバル検索データベース (略して "Gloda") は、Thunderbird のメッセージ検索を有効にする索引システムです。グローバル検索データベースを再構築すると、メッセージとアドレス帳カードの検索情報が再生成されます (ニュースグループのメッセージのは再生成されません)。

グローバル検索データベースを再構築する理由として以下が挙げられます:

  • データベースが壊れた可能性がある。
  • 検索が正しく動作しない (検索結果が表示されない、検索結果が乏しいなど)。
  • データベースが肥大化したので削減する必要がある。
    データベースを再構築しても、索引のサイズが自動的に減少するわけではありません。メッセージを削除したりアカウントやフォルダの同期を無効化した場合など、データベースが最後に更新されてからメッセージの数が減った場合のみ有効です。
  • グローバル検索データベースのファイルが断片化して検索情報のパフォーマンスが低下した。


グローバル検索データベースを再構築する手順

  1. まず、Thunderbird を終了してください。
  2. あなたの Thunderbird のプロファイル フォルダ内の global-messages-db.sqlite ファイルの場所へ移動します。
  3. global-messages-db.sqlite ファイルを削除してください。
  4. Thunderbird を起動してください。自動的にデータベースの再構築が開始されます。メッセージの数によっては再構築の完了まで時間がかかることがあります。このまま Thunderbird を使用し続けることができますが、再構築が完了するまでは、動作のパフォーマンスに影響し、グローバル検索機能が検索結果を一部、または全く返さない可能性があります。 再構築の経過は、ツール > イベントログの管理 メニューから確認できます。

参照

// この記事の貢献者: marsf, kenyamaあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する