Mozilla クラッシュレポータ TB

Mozilla クラッシュレポータは、Thunderbird のクラッシュ情報を Mozilla のクラッシュデータ収集システムに送ります。この情報は、将来のバージョンの Thunderbird がクラッシュする頻度を少なくするために Thunderbird の開発者が使用します。(Mozilla クラッシュレポータは、Thunderbird の クラッシュに起因して 起動します。Thunderbird を クラッシュさせる原因 ではありません。)

Thunderbird をクラッシュから守る方法については、Thunderbird がクラッシュする を参照してください。

Thunderbird がクラッシュした時

Thunderbird がクラッシュした後、Mozilla クラッシュレポータのウィンドウウインドウ が表示されます。クラッシュレポートは、終了 または 再起動 のボタンを押すまで Mozilla に送信されません。開発者を助けるため、クラッシュレポートを送信してください。すべて のクラッシュを送信し、メールアドレスを知らせていただくと、開発者が必要に応じて報告者に尋ねる必要がある場合に役立ちます。また、サポート時やバグの報告時には クラッシュレポート ID を提示してください。

Crash Reporter TB

問題を解決できるよう Mozilla にレポートを送信する: このボックスにチェックを入れておくと、クラッシュの概要が Mozilla に送信されます。レポートを送りたくなければ、このボックスのチェックを外してください。


詳細...: クラッシュデータと共に送信されるデータの詳細を表示します。この "詳細情報" だけでは開発者の役に立ちません。開発者はクラッシュレポートを必要とします。上記の "...レポートを送信する" オプションにチェックを入れてから 終了 または 再起動 をクリックしてください。

コメントを記入できます: このボックスには、Thunderbird のクラッシュ時にしていたことの詳細を記入してください。注記: 提供されたコメントは公開され、誰でも読むことができます。コメントは英語で書くことが望ましいですが、難しければ日本語でも大丈夫です。

このレポートについて Mozilla からの問い合わせに応じる: Mozilla のスタッフがクラッシュについての追加情報を必要としている、あるいは重要な情報を持っている場合に、彼らからメールを受け取ってもよいならばこのオプションにチェックを入れてください。そして、次の入力欄にメールアドレスを入力してください。 注記: Mozilla が自動的にメールでの連絡を行うことはありません。問題の追究が必要な場合に限り連絡を行います。

メールアドレスを入力してください: 上記のオプションで使用される、あなたのメールアドレスです。

注記: あなたのメールアドレスは公開されません。

Thunderbird を終了: クラッシュレポートを送信してダイアログを閉じます。Thunderbird は起動しません。

Thunderbird を再起動: クラッシュレポートを送信してダイアログを閉じ、Thunderbird を起動します。

起動時に再びクラッシュするようなら、Thunderbird がクラッシュする の記事を参照してください。Thunderbird のクラッシュを防止する方法について書かれています。再びクラッシュした時であっても、すべて のクラッシュレポートを送信してください。

クラッシュレポートを参照する

Thunderbird を起動することができない場合は Thunderbird 以外でレポートを参照するには へ進んでください。Thunderbird でクラッシュレポートを参照するには:

  1. Thunderbird で、ヘルプ メニューから トラブルシューティング情報 を開き、"クラッシュレポート" のセクションを見てください。(クラッシュレポートが無い場合は、ViewAbout アドオンを Thunderbird にインストールして再起動してください。そして、表示 メニューの ViewAbout から about:crashes を選択します。)
  2. 日時順のクラッシュレポートの一覧が表示されます。
    • クラッシュがクラッシュデータベースへ送信されていれば、"bp-" で始まるクラッシュレポートの ID が表示されます。下に示すスクリーンショットのレポート ID は "bp-24b627a1-1416-4c09-a4ab-d7f502100331" です。
    • "bp-" で始まっていない数字のレポートは送信されていません。数字をクリックしてクラッシュレポートを送信してください。
    baf5041b431856d3f6f61f688f7a93e3-1270046913-257-1.png
  3. レポートの詳細を表示するにはレポート ID をクリックします。これには、クラッシュレポートに関連する既知のバグの情報も含まれています。このバグ番号をクリックすると、該当のバグであなたの遭遇したクラッシュについての追加情報を提供できます。バグ報告が表示されない場合は、"Report this Crash" をクリックしてバグ報告してください。
  4. バグ報告やサポートフォーラムで返信があったときは、スクリーンショットではなく、レポート ID (上記の "bp-" で始まる文字列) を提示してください。

クラッシュレポートを得られないときは、この記事で後述する クラッシュレポートを得られなかった場合 を参照してください。

Thunderbird 以外でレポートを参照するには

Thunderbird の起動時にクラッシュしたため、上記の方法が使えない場合は、あなたのコンピュータの Crash Reports フォルダでクラッシュの情報を見つけることができます。このフォルダには、pendingsubmitted の 2 つのサブフォルダが存在します。submitted フォルダには、クラッシュレポートデータベースに送られ、クラッシュデータベースに受信されたレポートファイルが保持されています。各々のファイルが一つのレポートを表しています。pending フォルダには、まだクラッシュデータベースに受信されていないデータが保持されます。各々のクラッシュに対して 2 つのファイルがあります。一つはクラッシュのダンプで、もう一つはクラッシュの詳細情報です。

submitted フォルダのファイル名の一部がクラッシュ ID になっています。この ID は、あなたのクラッシュに関連する問題を開発者が調査する時に必要になります。Crash Reports フォルダは次の場所にあります:

Windows Vista/7

  1. Windows のスタート メニューを開きます。
  2. 検索の開始ボックスに %APPDATA%\Thunderbird\Crash Reports\ と入力し、Enter キーを押します。

Windows 2000/XP

  1. Windows の スタート メニューを開き、ファイル名を指定して実行... を選択します。
  2. ファイル名を指定して実行ダイアログで %APPDATA%\Thunderbird\Crash Reports\ と入力して Enter キーを押します。

Mac OS X クラッシュレポートは ~/Library/Thunderbird/Crash Reports/ に格納されています。

Linux クラッシュレポートは ~/.thunderbird/Crash Reports/ に格納されています。

クラッシュレポートを得られなかった場合

クラッシュレポータが正しく動作しなかった場合や、クラッシュレポータがあなたの OS やディストリビューションで動作しなかったためにクラッシュレポートを入手できなかった場合、How to get a stacktrace for a bug report (英語) を参照してスタックトレースを入手してください。

// この記事の貢献者: marsfあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する