JavaScript 設定と対話的なウェブページの設定

この記事は、JavaScript® とは何か、また JavaScript® を特定のウェブサイトで許可またはブロックする方法について説明します。

JavaScript とは何か?

JavaScript は、ウェブページで使用される標準的なプログラミング言語です。JavaScript は、メニューや効果音など、その他の対話的な機能をウェブページで提供するために使用されます。Firefox の初期設定では JavaScript の使用が有効になっています。追加のインストールは必要ありません。


特定のドメインにおける JavaScript の実行の許可とブロック

JavaScript は、人々が望まないことに使用されることがあります。より良い制御を行うために、次のような プライバシーに関する拡張機能 をインストールしてください:

  • NoScript: JavaScript と他のコンテンツの実行を選んだウェブサイト上でのみ許可します。
  • Ghostery: 信頼しない企業からのスクリプトをブロックできるようにします。
"オン・ホバー" ドロップダウンメニューのような機能に JavaScript を使用しているウェブサイトは、タッチスクリーンコンピューター上の Firefox では正常に動作しないでしょう。Windows のデバイス マネージャー内の "HID 準拠タッチ スクリーン" の設定を無効にすると解決します (詳しいヘルプが必要な場合は、Windows のフォーラムを訪問してください)。しかしながら、この設定を無効にしている間は、タッチスクリーンは普通の画面へと変更されています。

JavaScript は、米国およびその他の国における Oracle Corporation の商標または登録商標です。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから