Firefox の HTTPS-Only モード

Firefox バージョン 83 から、設定を HTTPS-Only モードに変更できます。このセキュリティ強化モードは、ウェブサイトへのすべての接続で強制的に HTTPS を使用します。多くのウェブサイトは既に HTTPS をサポートしています; HTTP と HTTPS の両方をサポートしているウェブサイトもあります。このモードを有効化すると、ウェブサイトへのすべての接続を保証し、HTTPS を使用して安全になります。HTTP-Only モードの利点と有効化する方法を学んでください。

HTTP と HTTPS の違いは何か?

HTTP は、Hypertext Transfer Protocol を表し、ウェブのプロトコルの基礎で、ブラウザーとウェブサーバー間のエンコードの基本的な相互作用です。通常の HTTP プロトコルの問題は、サーバーからブラウザーへのデータ転送が暗号化されておらず、これは、データが閲覧、盗聴、改ざんされうることを意味します。HTTPS プロトコルは、SSL (secure sockets layer) 認証を使用して、この問題を解消し、サーバーとブラウザー間の安全に暗号化された接続を生成し、これにより機密情報を保護します。

HTTPS-Only モードを有効化する

HTTPS-Only モードを使用すると、すべての接続が暗号化され安全になります。そのため、あなたが訪問したページのコンテンツを覗き見られたり、ウェブサイトへの接続をハイジャックされパスワード、クレジットカード情報、その他の個人情報を盗まれたりする心配をする必要はありません。これは特に、品質が確かでない公共の WiFi を使用するときに有益です。

例えば、HTTPS-Only モードを有効にして http://example.com のようなサイトに訪問すると、Firefox は、https://example.com にアップグレードします:

ConnectionUpgradeExample

HTTPS-Only モードを有効化/無効化する

  1. 画面上部にあるメニューバーで、Firefox をクリックして、環境設定 を選択します。 メニューボタン Fx57Menu をクリックして、オプション環境設定 を選択します。メニューボタン Fx89menuButton をクリックして、設定 を選択します。

  2. 左のメニューから プライバシーとセキュリティ を選択します。
  3. HTTPS-Only モード までスクロールします。
  4. ラジオボタンを使用して、HTTPS-Only モードを有効または無効にするか選択するか、プライベートウィンドウ のみで有効化するか選択します。
    EnableHTTPSMode

安全な接続が利用できない

HTTP のみをサポートするウェブサイトでは、接続をアップグレードできません。HTTPS-Only モードが有効化されており、そのサイトの HTTPS バージョンを利用できない場合、「安全な接続が利用できません」のページが表示されます。

SecureConnectionNotAvailable ja

HTTP サイトを開く をクリックした場合、リスクを許容し、HTTP バージョンのサイトが開きます。HTTPS-Only モードは、そのサイトでは一時的にオフになります。

暗号されていない接続を回避したい場合、戻る ボタンをクリックしてください。

特定のサイトで HTTPS-Only モードをオフにする

HTTPS-Only モードが有効化されており、よく訪れるウェブサイトが HTTPS をサポートしていなかったり、ページの要素を正しく表示できなかったりする場合、特定のサイトで HTTPS-Only モードをオフにできます。

  1. アドレスバーの錠前アイコンをクリックします。
  2. HTTPS-Only モードの下にあるドロップダウンを使用して オフ を選択します。
    Fx83TurnOffHTTPSOnlyPerSite

この記事は役に立ちましたか?

しばらくお待ちください...

These fine people helped write this article:

Illustration of hands

ボランティア

あなたの専門知識を成長させ、他の人と共有してください。質問に答えたり、ナレッジベースを改善したりしてください。

詳しく学ぶ