設定ウィンドウ - コンテンツパネル

この記事では、Firefox のオプション設定環境設定 ウィンドウウインドウ における、コンテンツ パネル内のすべてのオプション設定 について説明します。この設定は、Web サイトのコンテンツの表示方法に関係します。

注記: 以前のバージョンの Firefox でできたように JavaScript を無効化したり画像の読み込みをブロックしたりする必要がある場合は、拡張機能を使用してください。JavaScript (詳細は、JavaScript 設定 の記事を参照してください) については NoScript、画像については Image Block を使用するとよいでしょう。

コンテンツ設定

Options - Content - Win Prefs - Content - Mac Prefs - Content - Lin

Options - Content - Win Fx23 Content Mac Fx 23 Content Linux Fx 23

  • ポップアップウィンドウウインドウ をブロックする: 初期設定では、Web サイトの迷惑なポップアップウィンドウウインドウ をブロックします。ポップアップブロックを無効にするには、このオプション設定 のチェックを外してください。
    Web サイトによってはポップアップウィンドウウインドウ を正当に利用する場合があります。そのようなサイトのためにポップアップを許可することができます。許可サイト... をクリックして許可するサイトのアドレスを入力し、許可 をクリックしてください。 Web サイトを一覧から削除するには、サイトを選択して サイトを削除 をクリックしてください。一覧を完全に消去するには、すべてのサイトを削除 をクリックしてください。詳細は ポップアップブロックの設定とトラブルシューティング を参照してください。
  • 画像を自動的に読み込む: 初期設定では Web ページの画像を読み込みます。 Web ページ内の画像の読み込みを無効にするには、このオプション設定 のチェックを外してください。
    画像の読み込みを有効にしているときに 例外サイト... ボタンをクリックすると、上記の設定に関わらず、画像を自動的に読み込まないサイトを指定できます。画像の読み込みを許可またはブロックするサイトの URL を入力し、許可するには 許可 を、ブロックするには 不許可 をクリックしてください。
  • JavaScript を有効にする: JavaScript は一般的に使用される Web ページを構成するためのスクリプト言語です。しかしながら、JavaScript を使用して迷惑な振る舞いを簡単に実行することもできます。 JavaScript を無効にするには、このオプション設定 のチェックを外してください。 JavaScript を無効にすると一部のサイトは正常に動作しません。さらに細かな制御をするには、詳細設定... ボタンをクリックしてください。

JavaScript の詳細設定

  • ウィンドウウインドウ の移動または大きさの変更: このオプション設定 のチェックを外すと、スクリプトを使用したウィンドウウインドウ の移動と サイズ変更を無効化します。
  • ウィンドウウインドウ のフォーカス (前面手前背面後ろか) を切り替える: このオプション設定 のチェックを外すと、スクリプトがウィンドウウインドウ のフォーカス (前面手前または背面後ろ) を切り替えられないようします。
  • コンテキストメニューを無効化または変更する: このオプション設定 のチェックを外すと、Web ページによるコンテキストメニューの無効化や置き換えを防ぎます。

フォントと配色カラー

既定のデフォルト フォントサイズ: Web ページは通常、ここで指定されたフォントの種類とサイズ (ピクセル単位) で表示されます。ただし、フォントダイアログで指定されていない限り Web ページでの指定が優先されます。 指定の変更とその他のオプション設定 は、詳細設定... ボタンをクリックしてフォントダイアログを表示してください。

フォントダイアログ

  1. 対象言語 のドロップダウンリストから、言語グループ/文字を選択してください。 例えば、西欧(Latin) の言語/文字を既定のデフォルト フォントに設定するには 西欧 を選択します。一覧にない言語/文字を指定するには、その他の言語 を選択してください。
  2. プロポーショナルテキストを明朝体 (Serif) とゴシック体 (Sans-serif) のどちらにするか選択してください。また、プロポーショナルテキストのフォントサイズも指定してください。
  3. 明朝体、ゴシック体、等幅 (Monospace) フォントに使用するフォントを指定してください。 等幅フォント のサイズも変更できます。

さらに、画面上で使用する最小フォントサイズを設定できます。 この設定は、とても小さくて読みづらいフォントを使用しているサイトで役に立ちます。

  • Web ページが指定したフォントを優先する: 既定のデフォルト 設定では Web ページの作者に指定されたフォントを使用します。 このオプション設定 を無効にすると、強制的にすべてのサイトであなたの指定したフォントが使用されます。
  • 文字エンコーディング古い Web ページでの文字エンコーディング: 文字エンコーディングが指定されていないページの表示には、ここで選択した文字エンコーディングが使用されます。

配色カラー ダイアログ

テキストと背景のカラー : 既定デフォルト のテキストと背景のカラー を変更します。 これらはテキストと背景のカラー を指定していない Web ページで使用されます。 色見本をクリックしてカラー を選択してください。

  • システムの配色カラー を使用する このオプション設定 にチェックを入れると、上で指定したカラー の代わりに OS で定義されたカラー を使用します。

リンクのカラー : Web リンクの既定のデフォルト カラー を変更します。 色見本をクリックしてカラー を選択してください。

  • リンクに下線を付ける 既定のデフォルト 設定では Web ページ上のリンクに下線が付きます。 このオプション設定 のチェックを外すと無効になります。ただし、独自のリンクスタイルを指定している多くのサイトには効果がないので注意してください。
  • Web ページが指定した配色カラー を優先する: 初期設定では、Web ページの作者に指定された配色カラー を使用しますが、このオプション設定 を無効にすると、強制的にすべてのサイトであなたの指定した配色カラー が使用されます。

言語

Web ページによっては複数の言語で利用できることがあります。 言語設定... ボタンをクリックして優先する言語を指定してください。

言語ダイアログ: 言語を追加するには 追加する言語を選択... を押して言語を選択し、追加 ボタンをクリックしてください。使用する言語一覧から言語を削除するには、一覧から選択して 削除 ボタンをクリックしてください。1 つのページ内であなたの選択した言語が複数利用できる場合の、言語の優先順位を並べ替えることができます。 上へ ボタンと 下へ ボタンを使用してください。



この記事を共有する: http://mzl.la/PBZPEY

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから