ご使用のハードウェアは動作対象外です

ご使用のコンピュータが Pentium 4 よりも古いプロセッサを搭載している場合、Firefox バージョン 49 以降ではサポートされません。

Firefox がすでにインストールされている場合、それを使い続けることはできますが、バージョン 48 より後の更新は受け取れません。バージョン 49 以降の Firefox をインストールしようとすると「Firefox をインストールできません。このバージョンの Firefox は SSE2 に対応したプロセッサを必要とします。」というメッセージが表示されます。

他の多くのプログラムと同様に、Firefox の新しいバージョンは、より良い安全性とパフォーマンスのため、SSE2 (Streaming SIMD Extensions 2) に対応したプロセッサを必要とします。Firefox の最新バージョンを使用するには、SSE2 に対応した Pentium 4 またはそれより新しいプロセッサを搭載したコンピュータのご使用をおすすめします。新しいバージョンでは、多くの機能と安定性および安全性が確保されています。

Firefox 延長サポート版 (ESR)は、古いプロセッサでも動作しますが、ESR バージョン 45 より後の更新を受け取ることはできません。古いプロセッサをサポートしなくなる Firefox ESR バージョン 52 は、2017 年 3 月にリリースされています。

ご使用のコンピュータが Pentium 4 よりも古いプロセッサを搭載している場合、Firefox バージョン 53 以降ではサポートされません。

Firefox がすでにインストールされている場合、それを使い続けることはできますが、バージョン 52 より後の更新は受け取れません。バージョン 53 以降の Firefox をダウンロードして実行しようとすると This browser version requires a processor with the SSE2 instruction set extension. You may be able to obtain a version that does not require SSE2 from your Linux distribution. というメッセージが表示されます。

他の多くのプログラムと同様に、Firefox の新しいバージョンは、より良いパフォーマンスのため、SSE2 (Streaming SIMD Extensions 2) に対応したプロセッサを必要とします。Firefox の最新バージョンを使用するには、SSE2 に対応した Pentium 4 またはそれより新しいプロセッサを搭載したコンピュータのご使用をおすすめします。新しいバージョンでは、多くの機能と安定性および安全性が確保されています。

Firefox 延長サポート版 (ESR)は、古いプロセッサでも動作しますが、ESR バージョン 52 より後の更新を受け取ることはできません。古いプロセッサをサポートしなくなる Firefox ESR バージョン 59 は、2018 年 3 月にリリースされる予定です。

Linux ディストリビューションにより配布された Firefox が必要とするプロセッサーは、Mozilla により配布された Firefox が必要とするプロセッサーとは異なることがあります。そのため、ご使用の Linux ディストリビューションから SSE2 を必要としない新しいバージョンの Firefox を入手できる可能性があります。

注記: ご使用の Firefox のバージョンを確認するには、Firefox のバージョンを確認するには の記事をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから