サイト情報パネル

最新の機能とセキュリティアップデートのために、Firefox を新しいバージョンに更新してください

注記: Firefox は、バージョン 70 でセキュリティとプライバシーの表示を改善しました。詳しくは、この Mozilla ブログの投稿 (英語) をご覧ください。

サイト情報 パネルは、コントロールセンター とも呼ばれ、アドレスバー内の Site Info button ボタンをクリックすると開きます。これは、一か所でウェブサイトのセキュリティとプライバシーの設定を管理できる場所です。コントロールセンターを使用して、サイトについての情報を表示したり、サイトの許可やトラッカーや安全でないコンテンツについて選択したりできます。

サイト情報 パネルは、アドレスバー内の錠前 Fx70GreyPadlock をクリックすると開きます。(安全な接続のエラーや証明書の警告があるページでは、錠前の代わりに i アイコン Site Info button が表示されます。) これは、一か所でウェブサイトのセキュリティとプライバシーの設定を管理できる場所です。コントロールセンターを使用して、サイトについての情報を表示したり、サイトの許可やトラッカーや安全でないコンテンツについて選択したりできます。

接続の安全性

サイトを訪問すると、アドレスバーの錠前アイコンは、そのサイトへの接続が完全に安全であることを示します。接続の安全性についての詳しい情報は、 Site Info button ボタン錠前 Fx70GreyPadlock をクリックして サイト情報 パネルを開いてください。パネル上部のセクションでは現在の接続が安全かを表示します。

Fx68SiteInfo-Arrow Fx70SiteInfo-Arrow

安全な接続のための証明書発行機関とウェブサイト所有者 (この情報が利用できる場合) について詳しく知ったり、サイト上の安全でないコンテンツのブロックを無効化したりするには、パネル内の右矢印をクリックし、詳細を表示 ボタンをクリックしてください。

ウェブサイトへの接続が安全か確認するには をご覧になり接続の安全性について学んでください。Firefox のコンテンツブロックセキュリティ機能について詳しく学ぶには、混在コンテンツのブロック の記事をご覧ください。

トラッキング防止

トラッキング防止 が有効なとき、コントロールセンターは、接続についての情報に加え、ウェブページにトラッキング要素があるかどうかを示します。Firefox のトラッキング防止機能は、自動的にこれらのトラッカーをブロックし、必要に応じてコントロールセンターでこの機能を無効化できます。

  • トラッカーが検出されなかった場合
Fx45 Control Center - No trackers Fx62-NoTrackingElements
  • トラッカーが検出された場合 (トラッキング防止を無効化するオプションが表示されます)
Fx45 Control Center - Permissions Fx61ControlCenter-Permissions Fx62ControlCenter-Permissions

これらのコントロールについて詳しく学ぶには、トラッキング防止に何が起きたのか の記事をご覧ください。

コンテンツブロッキング

コンテンツブロッキング 機能が有効である場合、コントロールセンターは、接続についての情報に加え、ウェブページにトラッキング要素があるかどうかを示します。Firefox のコンテンツブロッキング機能は既知のトラッカーを検出して自動的にブロックします。必要に応じてコントロールセンターでこの機能を無効化できます。

  • トラッカーが検出されなかった場合
no blockable content 63
  • トラッカーが検出された場合 (無効化するオプションが表示されます)
Fx63ControlCenter-Permissions

これらのコントロールについて詳しく学ぶには、コンテンツブロッキング の記事をご覧ください。

サイト別設定

サイト情報パネルのサイト別設定セクションは、あなたが過去または一時的に許可した権限の特別な許可が表示されます。

Fx70SiteInfo-Permissions

サイトの許可を編集するには、パネルの右矢印をクリックし、詳細を表示 ボタンをクリックします。サイト別設定のセクションがある ページ情報ウィンドウ が開きます。

この記事は役に立ちましたか?

しばらくお待ちください...

These fine people helped write this article:

Illustration of hands

ボランティア

あなたの専門知識を成長させ、他の人と共有してください。質問に答えたり、ナレッジベースを改善したりしてください。

詳しく学ぶ