Thunderbird のデータを新しいコンピュータに移動する


Windows 転送ツール

新しいバージョンの Windows には、ドキュメント・ビデオ・メールなどのデータを新しいコンピュータに転送するための Windows 転送ツール が含まれています。転送ツールの既定の設定では、Thunderbird のデータは新しいコンピュータに転送されません。しかし、Thunderbird のデータも移行するように設定を変更することが簡単にできます。

"転送できる内容を確認しています" の処理が完了すると、アカウント名の下に カスタマイズ の設定項目が表示されます。それをクリックして、詳細な設定を行うためのダイアログを開きます。

ETOptionsDialog

リストの下にある 詳細設定 をクリックすると、ファイル選択のダイアログが開きます。Application data という名前のフォルダを開いて、その中にある Thunderbird フォルダの隣にあるチェックボックスにチェックを入れてください。

ETFilePicker

保存 をクリックして、ウィザードを続けます。これで Thunderbird のデータが、今までのコンピュータから新しいコンピュータへ転送するデータに含まれるようになりました。

手動でファイルを移行する

あるオペレーティングシステムから別のオペレーティングシステムへ移行する場合 (Windows から Mac への変更など) は、プロファイルを手動で移行しなければなりません。 移動する前に、プロファイル の記事の手順を参照してプロファイルをバックアップしておく必要があるでしょう。次に、バックアップしたプロファイルの復元 の手順に従ってください。

Gmail を用いてメッセージを移動する

この方法ではメッセージを Gmail のアカウントに転送して、そのデータを新たにインストールした Thunderbird で同期します。

  1. Gmail のアカウントを持っていない場合は、アカウントを作成します。
  2. 移行元のコンピュータで、Gmail の Thunderbird アカウント設定 を作成します。
  3. Gmail アカウントの設定で、POP3 ではなく IMAP を使用するよう設定されていることを確認してください。
  4. Thunderbird で、移行したいメッセージフォルダに対応するサブフォルダを Gmail アカウントに作成します。するとThunderbird が自動的に、一致するフォルダを Gmail 側にも作成します。サブフォルダを入れ子にすることもできます。例えば、下図のようにします。
    Thunderbird folders
  5. Thunderbird で移行元のフォルダに移動して、すべてのメッセージを選択します。そして 右クリックメニューの メッセージをコピー で、Gmail アカウント側の対応するフォルダを選択します。この操作を、移行したい各フォルダで行います。メッセージを新しいフォルダへコピーするように、Thunderbird はオンライン上の Gmail 保存領域にメッセージをコピーします。
  6. 新しいコンピュータで、Thunderbird をインストールして Gmail のアカウント設定を作成します。
  7. 新しいコンピュータの Thunderbird で、オンラインのフォルダやメッセーを利用できるようになります。各フォルダをクリックすると、Gmail アカウントとの同期が行われます。

参照

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから