メッセージリストに表示する列

Thunderbird のメッセージリストには、各メッセージの件名や送信日時などの列が表示されます。

0ce91f9379ad3e73eaeb49674df83243-1294176581-880-1.jpg

表示する列の追加と削除

下のスクリーンショットは、デフォルトの列レイアウトです。列ラベルの行の右端のコラムピッカーボタンをクリックすると、表示可能な列のリストが表示されます。または、各列のラベルを右クリックして表示することもできます。

0ce91f9379ad3e73eaeb49674df83243-1294177618-649-1.jpg

チェックの入った項目をクリックすると、その列をメッセージリストから削除します (隠します)。チェックの入っていない項目をクリックしてチェックを入れると、その列をメッセージリストに追加します (表示します)。

列の移動とサイズ変更

列の表示位置を移動するには、列ラベルを左右の表示したい位置までドラッグしてください。列の表示幅を変更するには、列ラベルの右側の区切りをマウスでポイントし、カーソルの形が変わったところでドラッグして適切な幅に変更してください。

表示する列のレイアウトを他のフォルダーに適用する

表示する列のレイアウトを他のフォルダーに適用するには、列のリストの一番下の 他のフォルダーにも適用... を選択し、フォルダー... から適用したいフォルダーを一つ指定してください。フォルダー全体 (サブフォルダーも含む)... を選択すると、指定したフォルダーとそれに含まれるすべてのフォルダーに適用されます。フォルダー全体 (サブフォルダーも含む)... メニューからは、メールアドレスを選択することもできます。メールアドレスを選択すると、そのアカウント以下のすべてのフォルダーに適用されます。一つのフォルダーからもう一つのフォルダーへ変更を適用すると、列の表示位置と表示幅の変更も適用されるので注意してください。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから