G DATA セキュリティソフトウェアの一部機能により Firefox 43.0.3 が起動時にクラッシュする

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

この記事は、Windows 上の Firefox のユーザにのみ適用されます。

Firefox 43.0.3 への更新の直後、G DATA セキュリティソフトウェアをシステム上で実行しているユーザは、Firefox の起動中に繰り返しクラッシュする問題の影響を受けます。影響のあるユーザは、最新バージョンの Firefox を Firefox のダウンロードページ からダウンロードしてインストールすることで、この問題を解決できます。

G DATA も、セキュリティソフトウェアのデータ更新の一部として、このクラッシュの問題の修正版をリリースしています。そのため、ご使用のセキュリティソフトウェアのすべてのコンポーネントが最新バージョンに更新されるようにしてください。

この影響を受けるユーザは、一時的な回避策として、G DATA 製品に含まれる BankGuard コンポーネントを無効にしてください:

  1. G DATA 製品の、セキュリティセンター内の歯車ボタン G DATA settings icon をクリックして設定パネルを開きます。
  2. G DATA 設定パネルの アンチウイルス から ウェブ保護 を選択します。
  3. BankGuard ブラウザ保護 設定を無効にし、OK ボタンをクリックします。
GDATA Disable BankGuard

その後、Firefox を再び起動してみてください。

// この記事の貢献者: marsfあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから
Mozilla サポートのボランティアに参加する