カレンダーのエクスポートや共有を行う

必要なもの:


Lightning で行う手順

  1. カレンダー ボタンをクリックして Lightning を開きます。
  2. 予定とToDo メニューをクリックします。
  3. 予定を公開 をクリックします。
  4. 公開したいカレンダーをクリックして OK ボタンをクリックします。
  5. WebDAV サーバの URL を入力します。
  6. ユーザ名、パスワード、その他必要な情報を入力します。
  7. 以上で完了です!

Thunderbird および Lightning でカレンダーをエクスポートする

  1. Thunderbird を起動します。
  2. 予定とToDo メニューをクリックします。
  3. カレンダーをエクスポート を選択して、選択ダイアログを開きます。
  4. エクスポートしたいカレンダーを選択して OK をクリックします。
  5. エクスポートしたカレンダーを保存する場所やファイル名を指定します。ファイル名の入力欄の右端にある小さな矢印をクリックして、適切な保存先を選択することもできます。
  6. 作成するファイルの種類を選択します: HTML、iCalendar 形式、CSV ファイル。
  7. 保存 ボタンをクリックします。

共有フォルダを用いる

カレンダーファイルが共有フォルダに保存されている場合は、適切な拡張機能がインストールされていれば、複数の Thunderbird で同一のカレンダーファイルを開くことができます。

また標準の iCalendar プロトコルが使用されていれば、Microsoft Outlook のような他のカレンダー製品と同一のカレンダーを共有することもできるでしょう。

ただしこの方法を用いると、最初にカレンダーファイルを開いた Thunderbird だけが変更の権限を持つことになります。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから