MSI インストーラーを使用して Firefox を展開する

この記事は、組織のコンピューター上の Firefox を設定したい IT 管理者向けです。

Firefox Enterprise は、ロケール、CPU アーキテクチャ (32 および 64 ビット)、リリースチャネルごとに MSI インストーラーを提供し、システム管理者が各自の環境で Firefox をカスタマイズして展開できるようにします。 MSI インストーラー (Windows 7 以降のバージョンでサポート) は、exe フルインストーラーのラッパーであり、Active Directory や Microsoft System Center Configuration Manager のような標準の Windows 展開ツールを使用して展開する前に、MST ファイルを使用してカスタマイズできます。

MSI インストーラー

https://www.mozilla.org/firefox/all/ を開き、ドロップダウンオプションを使用して、Firefox Nightly、Developer Edition、Firefox Beta、Firefox リリース版または Firefox 延長サポートリリース (ESR) の MSI インストーラーを選択できます。

Fx68esrMSIdownload
ご希望の言語を選択してください のドロップダウンを使用して、Firefox MSI インストーラーを希望の言語でインストールできます。

設定オプション

ツール (MS Orca など) を選択して使用して、Firefox MSI インストーラー用の MSI 変換 (MSTs) を作成または編集してインストールをカスタマイズできます。このセクションでは、使用できるオプションを説明します。

Firefox カスタム MSI オプション

ディレクトリーパスを設定する - INSTALL_DIRECTORY_PATH=[path]
完全なインストール場所を指定する絶対パス。このディレクトリーは既に存在している必要はありません (存在しても構いません)。 INSTALL_DIRECTORY_NAME が設定された場合、この設定は無視されます。

ディレクトリー名を設定する - INSTALL_DIRECTORY_NAME=[name]
Program Files 内に作成するインストールディレクトリーの名前。例えば、INSTALL_DIRECTORY_NAME が Firefox Release に設定された場合、インストールパスは、C:\Program Files\Firefox Release のようになります。Program Files パスは、インストールされるアプリケーションのアーキテクチャおよびマシンのロケール/構成に適したパスです。この設定は主に、これらの違いを気にする必要がないようにするために役立ちます。 これが設定された場合、INSTALL_DIRECTORY_PATH は無視されます。

タスクバーのショートカットをインストールする - TASKBAR_SHORTCUT={true,false}
false に設定すると、タスクバーにショートカットを固定できなくなります。既定では true です。この機能は Windows 7 および 8 でのみ動作します。これ以降のバージョンの Windows では、インストーラーからタスクバーのピンを作成することはできません。

デスクトップのショートカットをインストールする - DESKTOP_SHORTCUT={true,false}
false に設定すると、デスクトップ上のショートカット作成を無効化します。既定では true です。

スタートメニューのショートカットをインストールする - START_MENU_SHORTCUT={true,false}
false に設定すると、スタートメニュー上のショートカット作成を無効化します。既定では true です。

メンテナンスサービスを無効化する - INSTALL_MAINTENANCE_SERVICE={true,false}
false に設定すると、Mozilla Maintenance Service のインストールが無効になります。これにより、インストールディレクトリーへの書き込み権限がないユーザーが Firefox の更新をインストールできなくなります。既定では true です。

ディストリビューションディレクトリーの削除を無効にする - REMOVE_DISTRIBUTION_DIR={true,false}
false に設定すると、一番上に再インストールされている既存のインストールから配布ディレクトリーを削除できないようにするにできます。既定では true であり、ディレクトリーは削除されます。

再起動を防止する - PREVENT_REBOOT_REQUIRED={true,false}
true に設定すると、ファイルが使用中の場合など、マシンの再起動が必要なアクションをインストーラーが実行しないようにできます。インストーラーの実行中に実行されていた Firefox のコピーを上書きして再インストールしない限り、通常の環境ではこの設定は必要ありません。この場合、このオプションを設定するとインストールが不完全になる可能性があります。既定では false です。

拡張機能をバンドルする - OPTIONAL_EXTENSIONS={true,false}
false に設定すると、バンドルされた拡張機能のインストールを無効にできます。既定では true です。

アプリケーションファイル抽出ディレクトリー - EXTRACT_DIR=[directory]
アプリケーションファイルを指定されたディレクトリーに抽出し、インストーラーを実行せずに終了します。もちろん、これは他のすべてのオプションが無視されることを意味します。

MSIEXEC オプション

msiexec.exe (MSIファイルのインストール、アンインストール、およびその他の操作を行う Windows コンポーネント) のコマンドラインパラメーターについては、こちら で説明されおり、また、/? オプションの出力にも記載されています。MSI パッケージは .exe インストーラーをラップし、実際には MSI フレームワークを使用しないため、msiexec で使用できるコマンドラインパラメーターの多くはサポートされていません。このドキュメントでは、MSI パッケージでサポートされている msiexec パラメーターとサポートされていない msiexec パラメーターを示します。

サポートされている MSIEXEC オプション

  • /i または /package
    • 製品をインストールします。
  • /L または /log
    • MSI ログファイルを生成します。このオプションのすべての設定パラメーターがサポートされています。
  • /m
    • SMS ステータス .mif ファイルを生成します。
    • Systems Management Server のコピーがないとテストできませんが、動作するはずです。
  • /q/quiet/passive
    • UI モードを設定します。完全な UI オプション (/qf) は受け入れられますが、完全な UI がないため、無視されます。
  • /norestart/forcerestart/promptrestart
    • 既定の動作は常に /norestart ですが、その他のオプションは期待どおりに動作します。
  • PROPERTY=VALUE
    • コマンドラインプロパティの設定は、提供されているすべてのパブリックプロパティ (つまり、UPPERCASE_NAMES を持つもの) でサポートされています。

パッケージファイルで動作しないオプション: (/?/h/help/y/z)

サポートされていない MSIEXEC オプション

  • /f
    • 製品を修復します。
  • /a
    • 管理者用インストール。
  • /x または /uninstall
    • 製品をアンインストールします。
  • /j オプションでの /t/g/c の使用
    • 製品を宣伝します。
  • /n
    • 製品の特定のインスタンスを指定します。
  • /p または /update
    • パッチファイル (.msp) を適用します。

設定例

次に、mozilla central の MSI ディレクトリーでオプションを変更する方法を理解するための有効な .mst ファイルの例を示します。

MSI でログを 設定 して、インストールの問題のトラブルシューティングに役立てられます。

Firefox MSI で公開されている設定可能なパラメーターで MSI ファイルを使用する方法がいくつかあります:

外部 MSI エディターの使用 (ORCA の例)

  1. ファイル/開く で編集する MSI を選択します。
  2. プロパティテーブルを見つけて選択します。
  3. 変更したい PROPERTIES の値を変更します。
  4. ORCA から ファイル/名前を付けて保存 を選択し、カスタマイズした MSI インストーラーを保存します。
これにより、MSI ファイルの署名が無効になることに注意してください; ファイルに署名する必要がある場合、組織の証明書を再び使用して署名する必要があります。

トランスフォーム (.mst) 構成の使用

  1. Orca を使用して MSI を開きます。
  2. メニューバーから Transform > New Transform を選択します。
  3. 変更したい PROPERTIES の値を変更します。
  4. Transform > Generate Transform を選択して、変更したファイルをトランスフォーム (.mst) ファイルとして保存します。
  5. msiexec /i "Firefox.msi" TRANSFORMS="custom.mst" を実行します。

コマンドラインパラメーターの使用

  1. Firefox MSI ファイルの名前を default.msi に変更します。
  2. ファイルを C:\MSI ディレクトリーに移動します。
  3. 以下のコマンドを実行します:
    msiexec.exe /i "c:\MSi\default.msi" INSTALL_DIRECTORY_PATH="C:\Firefox\" TASKBAR_SHORTCUT=false DESKTOP_SHORTCUT=false INSTALL_MAINTENANCE_SERVICE=false /quiet
すべてのプライベートパラメーター (FIREFOX 固有、CAPS に含まれる) は、コマンドライン + msiexec パブリックパラメーター (上記の例では /i や /quiet など) で使用できます。

この記事は役に立ちましたか?

しばらくお待ちください...

以下の人々がこの記事の執筆を手伝ってくれました:

Illustration of hands

ボランティア

あなたの専門知識を成長させ、他の人と共有してください。質問に答えたり、ナレッジベースを改善したりしてください。

詳しく学ぶ