policies.json を使用して Firefox をカスタマイズする

ポリシーのサポートは policies.json と呼ばれる JSON ファイルによって実装されています。グループポリシーを使用 して Firefox を制御するのとは違い、policies.json はクロスプラットフォームで互換性があり、様々なオペレーティングシステムが起動するワークステーションがある法人環境に適した方法です。

このポリシーのサポートを実装するには、policies.json ファイルが作成される必要があります。このファイルは、distribution と呼ばれる Firefox のインストールディレクトリーに配置します。このディレクトリーは既定デフォルト には含まれていないため、手動で作成する必要があります。

policies.json ファイルは以下のような内容です。

{
 "policies": {
   "BlockAboutConfig": true
 }
}

この例では、BlockAboutConfig ポリシーに true を設定して、ユーザーが about:config にアクセスできないようにしています。

ポリシーについての最新の情報は GitHub リポジトリーの README で利用できます。

注記: 上記の方法は、Firefox がすでにグループポリシーで管理されている場合、動作しません。
// この記事の貢献者: dskmoriあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する