セキュリティに関する設定項目

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

このページでは、Thunderbird のメールセキュリティに関する設定項目について説明します。

目次

メールサーバへの接続の保護方式や認証方式を設定する

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の サーバ設定 を選択してください。

送信メッセージの暗号化設定を行う (差出人情報に設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> を選択して、差出人情報を管理 をクリックしてください。差出人情報のウィンドウで <差出人情報> を選択して 編集 をクリックし、セキュリティ タブを選択してください。

送信メッセージの暗号化設定を行う (アカウントに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の セキュリティ を選択してください。

メールアカウントのパスワードを確認または削除する

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの パスワード タブを選択してください。

セキュリティデバイスの設定を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで 詳細 パネルの 証明書 をクリックしてください。
ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> を選択して、差出人情報を管理 をクリックしてください。差出人情報のウィンドウで <差出人情報> を選択して 編集 をクリックし、セキュリティ タブを選択してください。
ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の セキュリティ を選択してください。

証明書の設定を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで 詳細 パネルの 証明書 をクリックしてください。
ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> を選択して、差出人情報を管理 をクリックしてください。差出人情報のウィンドウで <差出人情報> を選択して 編集 をクリックし、セキュリティ タブを選択してください。
ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の セキュリティ を選択してください。

証明書の検証を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで 詳細 パネルの 証明書 タブを選択してください。

サーバが個人証明書を要求したときの動作を設定する

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで 詳細 パネルの 証明書 タブを選択してください。

証明書の失効リストの設定を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで 詳細 パネルの 証明書 タブを選択してください。

Cookie の設定を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの Web コンテンツ タブを選択してください。

Cookie を許可するサイトの設定を行う

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの Web コンテンツ タブを選択してください。

マスターパスワードを設定する

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの パスワード タブを選択してください。

Thunderbird がウイルス対策ソフトと連携するよう設定する

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの ウイルス対策 タブを選択してください。

フィッシングや詐欺の疑いがあるメッセージの警告を有効・無効にする

メニューの場所: Thunderbird メニューの 設定ツール メニューの オプション編集 メニューの 設定 を選択してください。オプションのウィンドウで セキュリティ パネルの 詐欺メール タブを選択してください。

メッセージが迷惑メールであるとマークしたときの動作を設定する (ローカルフォルダに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで ローカルフォルダ 配下の 迷惑メール を選択してください。

SpamAssassin ヘッダまたは SpamPal ヘッダが付加されたメッセージを迷惑メールフィルタの対象外にする (ローカルフォルダに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで ローカルフォルダ 配下の 迷惑メール を選択してください。

アドレス帳に含まれている送信者を迷惑メールフィルタの対象外にする (ローカルフォルダに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで ローカルフォルダ 配下の 迷惑メール を選択してください。

迷惑メールの学習を有効にする (ローカルフォルダに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで ローカルフォルダ 配下の 迷惑メール を選択してください。

アドレス帳に含まれている送信者を迷惑メールフィルタの対象外にする (アカウントに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の 迷惑メール を選択してください。

SpamAssassin ヘッダまたは SpamPal ヘッダが付加されたメッセージを迷惑メールフィルタの対象外にする (アカウントに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の 迷惑メール を選択してください。

メッセージが迷惑メールであるとマークしたときの動作を設定する (アカウントに設定)

メニューの場所: ツール編集 メニューの アカウント設定 を選択してください。アカウント設定のウィンドウで <アカウント名> 配下の 迷惑メール を選択してください。

 

// この記事の貢献者: marsf, yassanあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから
Mozilla サポートのボランティアに参加する