フォルダの最適化

この記事は、Thunderbird がメッセージをローカルのディスクドライブにどのように保存しているかを説明し、メッセージフォルダを定期的に最適化する必要がある理由を説明します。

Thunderbird はメッセージをどのように格納していますか?

Thunderbird は、メッセージを MBOX ファイル形式で保存しています。このファイル形式では、Thnuderbird のフォルダごとに、フォルダ内のすべてのメッセージが 1 個のファイルに連結され、プレーンテキスト形式でローカルのハードドライブ (プロファイル フォルダの Mail フォルダや ImapMail ディレクトリ) に保存されています。


なぜ最適化が必要なのですか?

Thunderbird のフォルダ (受信トレイや下書きなど) は、ローカルのハードディスクドライブにファイルとして保存されています。フォルダにメッセージが追加されると、そのファイルのサイズが大きくなります。しかし、メッセージを削除したり別のフォルダへ移動したりしても、ファイルのサイズが自動的に小さくなることはありません。元のメッセージは、後で復旧できるように削除マークが付けられ、表示から隠されるだけです。このメッセージは、フォルダを "最適化" するまで物理的に削除されません。最適化は、大きなサイズのフォルダでは一時的なパフォーマンスの向上につながりますが、ファイルのサイズが大きいと、効果が少なくなります。ディスクの空き領域を増やし、Thunderbird のパフォーマンスを向上させるためには、定期的にフォルダを "最適化" する必要があります。

フォルダサイズが 4GB を超えると、「xxx フォルダが満杯のため、これ以上メッセージを保存できません。メッセージを保存する領域を空けるには、古くて不要なメッセージを削除するか、フォルダを最適化してください。」という警告が表示されます。不要なメッセージを削除するか他のフォルダへ移動して、このフォルダのサイズを減らさなければなりません (コンピュータのパフォーマンスの許容量によりますが、フォルダサイズは 1~3GB 程度が適切でしょう)。


最適化はどのように作用しますか?

フォルダの最適化は、まず Thunderbird がディスク上の既存の MBOX ファイル (例えば Inbox ファイル) を開きます。MBOX メール形式の規則を基に、一度にファイル内の 1 件のメッセージが読まれます。

  • メッセージが現存している場合、そのメッセージは Nstmp と呼ばれる新しい一時的な MBOX ファイルにコピーされます。
  • メッセージに削除マークや移動マークが付けられている場合、そのメッセージはスキップされ、次のメッセージを読みます。

この処理がフォルダ内のすべてのメッセージに対して繰り返されます。すべてのメッセージが処理された後、元のメッセージを格納したファイルは削除され、上記の新しいファイルと置き換えられます。そして、このファイルがメッセージファイルの新しい index (例えば Inbox.msf と呼ばれるファイル) に引き継がれます。


最適化はいつ実行されますか?

最適化処理は、Thunderbird バージョン 5 以降で、20MB 以上のディスク使用量が節約できる時に自動的に実行されます。

必要であれば手動で最適化することもできます:

  • 1 個のフォルダを最適化するには、そのフォルダを右クリックし、最適化 を選択します。
  • すべてのフォルダを最適化するには、ファイル メニューから フォルダを最適化 を選択します。

最適化の処理中は、ステータスバーに進捗が表示されます:

Compacting folder message

最適化の設定を変更するには?

メニューから Thunderbird | 環境設定ツール | オプション編集 | 設定 を開き、詳細 パネルの ネットワークとディスク領域 で設定してください。以下の設定ができます:

  • 自動最適化の無効化 - 削除されたメッセージが残り続けてファイルサイズが肥大化するため、推奨されません。
  • 最適化のしきい値の変更 - 巨大なサイズのメッセージを扱う場合は、値を大きくするとよいでしょう。

compaction preferences in tb17


参照

 

// この記事の貢献者: marsfあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

Mozilla サポートのボランティアに参加する