サイトが古くて安全でないバージョンの SSL プロトコルを使用しているため、安全な接続ができませんでした

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

この記事では、一部の安全な (https) サイトに接続しようとする時、「サイトが古くて安全でないバージョンの SSL プロトコルを使用しているため、安全な接続ができませんでした。」のメッセージが表示される原因について説明します。

Ssl2_disabled.png

SSL バージョン 2 (Secure Sockets Layer 2.0) のサポートはデフォルトで無効にされています。ほとんどのサイトは、より安全な暗号化プロトコルに移行していますが、一部にまだ移行していないサイトもあります。SSL バージョン 2 しかサポートしていないサイトにアクセスした場合、上記のエラーを受け取ることがあります。

この場合は、サイトの所有者に連絡し、新しい暗号化プロトコルをサポートするように勧めてください。また、ヘルプ メニューを開いて 不具合のあるサイトを報告... を選択し、このサイトを Firefox の開発者に報告してください。

このサイトにアクセスしなければならないときは、SSL バージョン 2 のサポートを有効にしてください。

SSL バージョン 2 はセキュリティ上の理由で無効化されています。SSL バージョン 2 はセキュリティ構造に欠陥が見つかっており、SSL バージョン 2 を使用するサイトに送信した情報は第三者に盗聴されるおそれがあります。
  1. アドレスバーabout:config と入力し、EnterReturn キーを押します。

    • about:config の "動作保証対象外になります!" という警告ページが表示されます。危険性を承知の上で使用する をクリックし、about:config ページを開いてください。
  2. フィルタ: 欄に ssl2 と入力します。
  3. 各行の設定をダブルクリックして値を true に設定してください。

SSL バージョン 2 を有効にすると、サイトにアクセスできるようになります。

// この記事の貢献者: marsfあなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから
Mozilla サポートのボランティアに参加する