キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Thunderbird と迷惑メール

不快な、あるいは有害なメール ("スパム" または "迷惑メール") から解放されることは、多くの人の望むところです。Thunderbird には、学習型の迷惑メールフィルタが搭載されており、迷惑メールを自動的に判別して迷惑メールフォルダに移動します。

迷惑メールフィルタの設定

すべてのアカウントに共通の設定

迷惑メールフィルタは、初期設定で有効になっています。アプリケーションのメニューから、どのようなメッセージが迷惑メールとみなされるか、迷惑メールと判定したときに何をするかを設定することもできます。ここでの設定は、Thunderbird の扱うすべてのメールアカウントに適用されます (下記の方法で、アカウントごとの設定もできます)。設定を変更するには:

  1. Thunderbird | 設定 ツール| オプション編集 | 設定 で設定ウィンドウウインドウ を開きます。
  2. セキュリティ パネルをクリックします。
  3. 迷惑メール タブを選択します。

Junk preferences

アカウントごとの設定

アカウント設定での各メールアカウントの設定は、上記の共通の設定を上書きします。ツール編集 > アカウント設定 を開き、左のパネルから変更したいアカウントの 迷惑メール を選択してください。このセクションには、アドレス帳をホワイトリストとして利用する設定が含まれます。迷惑マークを付けないよう設定されたアドレス帳に登録されている送信者からのメッセージには、迷惑マークが付きません。

adaptive filter config

迷惑メールフィルタに学習させる

迷惑メールの学習

迷惑メールフィルタを効果的に作用させるため、Thunderbird に、迷惑メールと非迷惑メールのメッセージを両方とも学習させる必要があります。迷惑メールを学習させるため、それらをすぐには削除しないでください。

迷惑マークを付けるには、メッセージリストで、マークを付けたいメッセージの "迷惑メール" の列をクリックします:

junk message list

または、メッセージヘッダの 迷惑メール ボタンをクリックします:

junk message window

メッセージを選択し、キーボードショートカットの J キーを押してマークを付けることもできます。

メッセージにマークを付けると、Thunderbird が迷惑メールの特徴を学習し、自動的に判別を始めます。適応型フィルタにデータを十分に学習させるため、できるだけ多くのメッセージにマークを付ける必要があるでしょう。また、非迷惑メールを学習させるために、自動的についた迷惑マークを外す必要もあります。

非迷惑メールの学習

メッセージが迷惑メールでないことをフィルタに学習させることも重要です。

はじめに、学習の初期には、頻繁に (おそらく毎日) 迷惑メールフォルダを開き、誤って分類されたものがないか確認しなければならないでしょう。迷惑メールでないメッセージを見つけたら、そのメッセージを選択し、非迷惑 ボタンをクリックしてください。または、キーボードショートカットの Shift + J キーを押します。メッセージの受信数に応じて、はじめは毎日、次の週からは毎週確認するとよいでしょう。

次に、とても重要ですが、例えば受信トレイ内のメッセージは すべて 迷惑メールでないものとしてフィルタに学習させたいでしょう。この場合、"非迷惑" ボタンが迷惑メールとして分類されたメッセージにしか表示されないので、代わりにキーボードショートカットShift + J キーを押してください。週にいくつかのメッセージにマークを付けるだけで効果があるでしょう。一度に多くのメッセージを選択して同時にマークを付けることもできます。ただし、残念ながら "非迷惑" メールとしてマークが付けられたかどうかを示すユーザインターフェースはありません。

Customize this article

Firefox

Firefox for Android

Thunderbird

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎01-02-2017 01:01 AM
更新者:
 
寄稿者: