トラッキング防止に何が起きたのか

リビジョン情報
  • リビジョン ID: 102873
  • 作成日:
  • 作成者: hashedhyphen
  • コメント: 第一稿
  • 査読日: いいえ
  • 翻訳準備中: いいえ
リビジョンのソース
リビジョンの内容

トラッキング (tracking) とは、訪れた Web サイトがあなたの閲覧しているデータを収集することを指し、通常は読み込まれたコンテンツを通して行われます。トラッキングを行うドメインは、cookie や fingerprinting といった技術を使って個人を一意に特定しようとしてきます。

トラッキング防護機能とは

トラッキング防護機能により、オンラインでのプライバシーを自分で管理できるようになります。そもそも Firefox には Do Not Track 機能があり、自分たちの行動を追跡しないよう Web サイトに通知することが出来ます。しかし、通知しても企業は受け入れようとしてくれません。そこで Firefox には、ユーザをトラッキングする既知のドメインとサイトをブラウザ側からブロックできる「トラッキング防護機能」が備えられており、プライバシーを自分の管理下におくことが出来ます。

トラッキング防護機能のブロックリストは、次のサイトに基づいて初期設定されています。Disconnect's blocklist

トラッキング防護機能を無効にするには

トラッキング防護機能は、プライベートブラウジングの起動時に自動で有効になります。

全てのサイトで機能を無効にするには次の 2 通りの方法があります。

  1. プライベートブラウジングのメインページ (about:privatebrowsing) において、“Turn Tracking Protection Off” と書かれたリンクをクリックしてください。機能を有効に戻すには同じリンクをもう一度クリックしてください。
    画像 "tracking protection pbm" は存在しません。
  2. オプションプライバシーの順にクリックし、Use Tracking Protection in Private Windows と書かれたボックスのチェックを外してください。
    privacy menu tp

トラッキング防護機能の使い方

トラッキング防護機能が有効になると、トラッキングを行うドメインか混在コンテンツを Firefox がブロックしている際に、盾のアイコンがアドレスバーに表示されます。

特定のサイトでトラッキング防護機能を無効にしたい場合は、盾のアイコンをクリックしてから "'Disable protection for this session'" を選択してください。トラッキング防護機能を無効にしたサイトでは、盾のアイコンに赤い斜線が入ります。 そのサイトで機能を再び有効にする際は、盾のアイコンをもう一度クリックして "Enable protection" を選択してください。プライベートブラウジングは閲覧中のセッションに関する情報を全て保持するわけではないため、セッションが切れるまでの間、そのサイトでは防護機能が無効になります。プライベートブラウジングの新しいセッションを開いた際には、トラッキング防護機能が全てのサイトに対して再び有効になります。

どのリソースがブロックされているか見たい場合は、Web コンソールを開いて セキュリティ の項目を確認してください。