トラッキング保護機能

(『プライベートブラウジングのトラッキング保護機能』からリダイレクトしました)

トラッキング (行動追跡) は一般的に、ユーザーの複数のサイトにまたがる閲覧データを収集することを指します。トラッキング保護機能は、Disconnect 社により提供されているトラッキングの識別とブロックのためのリストを利用します。

トラッキングについての詳細と、Disconnect 社が用いるリスト作成のための標準仕様については、Tracking protection lists のページ (英語) をご覧ください。トラッキング保護機能のために Firefox が利用するリストについては、Mozilla Wiki の Security/Tracking protection のページ (英語) をご覧ください。

Firefox がトラッキングドメインをブロックすると、アドレスバーに盾アイコンが表示されます。

tracking protection 42

ブロックされているリソースを調べるには、Web コンソール を開き、セキュリティタブのメッセージを見てください。

Firefox のブロックリスト

サードパーティのトラッキング (追跡) をブロックするために使用するブロックリストを変更できます。プライベートブラウジングのトラッキング保護機能は、既定デフォルト では、Disconnedt.me 基本保護リストを利用しています。これを Disconnect.me 厳格保護リストを利用するように変更できます。

  • 基本保護リストは、一般に知られている分析トラッカー、ソーシャル共有トラッカー、広告トラッカーをブロックします。しかしながら、基本保護リストは、ウェブサイトの表示崩れを軽減するために、一部の既知のコンテンツトラッカーを許可します。
  • 厳格保護リストは、分析トラッカー、ソーシャル共有トラッカー、広告トラッカーおよびコンテンツトラッカーを含め、すべての知られているトラッカーをブロックします。厳格リストにより、動画、写真スライドショー、ソーシャルネットワークの表示崩れが起こるかもしれません。

ブロックリスト変更する

  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. 左側の プライバシー をクリックします。左側の プライバシーとセキュリティ をクリックし、トラッキング保護 セクションに進みます。
  3. プライベートウィンドウウインドウ でサイトによるトラッキングをブロックするプライベートブラウジングモードでトラッキング保護を使用して既知の追跡者をブロックするトラッキング保護を使用して既知の追跡者をブロックする の隣にある ブロックリストを変更 ボタンをクリックし、使用したいブロックリストを選択します。
  4. 変更を保存 をクリックします。ブロックリストを変更するため Firefox を再起動します。 というメッセージと共に "Firefox を再起動" のダイアログボックスが表示されます。
  5. "Firefox を再起動" のダイアログボックス内の OK ボタンをクリックします。
  6. Firefox が再起動した後、オプション設定環境設定 タブを閉じます。

トラッキング保護機能を有効にするには

トラッキング保護を常に有効にするか、プライベートブラウジング で有効にするか、まったく有効にしないかを選択できます。特定のサイトかすべてのサイトに対してトラッキング保護を無効にする洗濯もできます。

  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. 左の プライバシーとセキュリティ をクリックし、トラッキング保護 セクションに進みます。
    Fx57TrackingProtection-new
  3. 以下のオプションから選択します:
    • 常に: ブラウジング中、トラッキング保護を結子にし続けます。
    • プライベートウィンドウウインドウ のみ: プライベートブラウジング を使用している場合のみトラッキング保護が有効になります。
    • ブロックしない: すべてのサイトでトラッキング保護を無効にします。

プライベートブラウジングウィンドウウインドウ では、トラッキング保護機能が既定デフォルト で有効に設定されています。個別またはすべてのサイトでトラッキング保護を無効にすることもできます。

個別のサイトでトラッキング保護を無効にする

  1. Firefox がページ上のトラッキングをブロックすると、アドレスバーに盾アイコンが表示されます。盾アイコンをクリックしてコントロールセンターを開いてください。
  2. コントロールセンターで、このセッションのみ保護を無効にする をクリックします。
    Disable tracking protection 42 tracking protection off 57
  3. トラッキング保護を無効にすると、赤い取り消し線が引かれた盾アイコン tracking protection off fxos がアドレスバーに表示されます。
トラッキング保護を再び有効にするには、盾アイコンをクリックし、保護を有効にする ボタンをクリックします。

あるサイトでトラッキング保護を無効にした場合、プライベートブラウジングモードでは閲覧中のセッションに関する情報を一切保持しないため、セッション中のみ保護が無効になります。新しいプライベートブラウジングセッションを開始すると、トラッキング保護機能が再びすべてのサイトで有効になります。

すべてのサイトでトラッキング保護を無効にする

  1. メニューボタン New Fx Menu Fx57Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. 左側の プライバシー をクリックします。左側の プライバシーとセキュリティ をクリックし、トラッキング保護 セクションに進みます。
  3. プライベートウィンドウウインドウ でサイトによるトラッキングをブロックするプライベートブラウジングモードでトラッキング保護を使用して既知の追跡者をブロックする のチェックを外してください。
    privacy menu tp tp privacy menu 50 Fx56Privacy&Security-Tracking
  4. タブを閉じて変更を保存します。
注記: プライベートブラウジング のホームページからトラッキング保護を無効にすることもできます:
tracking protection private browsing

すでにプライベートブラウジングウィンドウウインドウ を開いている場合は、アドレスバーに about:privatebrowsing と入力し、Enter キーを押してプライベートブラウジングのホームページへ移動してください。


緑色のチェックマークが付いたボタンをクリックすると、トラッキング保護が無効になります。トラッキング保護がすでに無効になっている場合は、プライベートブラウジングのホームページから、このように表示されている同じボタンをクリックして有効に戻せます: Fx48TrackingOff

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori, hashedhyphen。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから