Firefox で DRM コンテンツを視聴する方法

デジタル著作権管理 (DRM; Digital Rights Management) は、オンライン動画や音声サービスなどに対して、その利用にサービス提供者の認可を必要とさせる技術です。この技術は、ユーザーがブラウザーで行えることの一部を制限します。DRM で制御されたコンテンツは、Adobe Flash や Microsoft Silverlight プラグインを使用することで視聴できるものもありますが、多くのサービスは Content Decryption Module (CDM) と呼ばれる DRM メカニズムを必要とする HTML5 動画に移行し始めています。

DRM で制御されたコンテンツを Firefox で再生する

Firefox バージョン 51 までの Windows 上の Firefox は、Adobe Primetime CDM を通して DRM で制御された動画や音声を HTML5 での再生をサポートしています。この CDM は、Adobe Primetime と呼ばれる DRM システムを実装し、以前は Adobe Flash プラグインで利用可能でした。Firefox バージョン 47 以降、デスクトップ版の Firefox は、DRM で制御されたコンテンツを再生するため Google Widevine CDM もサポートしています。

Firefox は、既定デフォルト で Google Widevine と Adobe Primetime の CDM をダウンロードして有効化し、Firefox は、Google Widevine の CDM をオンデマンドでダウンロードして有効化し、Firefox は、ユーザーの許可により、Google Widevine の CDM をオンデマンドでダウンロードして有効化し、DRM を必要とするサイトでユーザーにスムーズな体験を提供します。CDM はサンドボックスと呼ばれるブラウザーとは別プロセスのコンテナ上で実行され、CDM が使用されるときに通知されます。以下の手順に従って CDM を無効化し、アップデートをオプトアウトすることもできます。しかしながら、CDM を無効化すると、このタイプの DRM を使用するサイトが適切に動作しなくなるかもしれません。

一部のサイトは、Google Widevine および Adobe Primetime の CDM でサポートされていない DRM を使用することがあります。このようなコンテンツの表示をサポートするには、Microsoft Silverlight のようなサードパーティ製の NPAPI プラグインが必要です。

Flash を除くすべての NPAPI プラグイン 拡張のサポートは、Firefox のバージョン 52 がリリースされる 2017 年 3 月に終了します。詳しくは、この互換性文書この記事 をご覧ください。
Firefox のバージョン 52 から、Flash を除くすべての NPAPI プラグイン 拡張のサポートが終了しました。詳しくは、この互換性文書この記事 をご覧ください。

Google Widevine CDM をアンインストールせずに無効化する

アドオンマネージャで Google Widevine を無効化すると、このモジュールをコンピューター上で実行されなくなり、将来のアップデートが自動的にダウンロードされなくなります。この CDM プラグインを無効化するには:

  1. メニューボタン New Fx Menu をクリックし、アドオン を選択します。アドオンマネージャーのタブが開きます。

  2. アドオンマネージャのタブで、プラグイン パネルを選択します。
  3. Widevine Content Decryption Module provided (Google Inc. 提供) の隣のメニューで 無効化する を選択します。

Google Widevine を有効にしないと再生できないコンテンツが含まれるサイトに遭遇するかもしれません。この場合は、Widevine Content Decryption Module provided (Google Inc. 提供) の隣のドロップダウンメニューから 常に有効化する を選択して Google Widevine を再び有効にしてください。

Adobe Primetime CDM をアンインストールせずに無効化する

アドオンマネージャで Adobe Primetime を無効化すると、このモジュールをコンピューター上で実行されなくなり、将来のアップデートが自動的にダウンロードされなくなります。この CDM プラグインを無効化するには:

  1. メニューボタン New Fx Menu をクリックし、アドオン を選択します。アドオンマネージャーのタブが開きます。

  2. アドオンマネージャのタブで、プラグイン パネルを選択します。
  3. Primetime Content Decryption Module (Adobe Systems, Incorporated 提供) の隣のメニューで 無効化する を選択します。

Adobe Primetime を有効にしないと再生できないコンテンツが含まれるサイトに遭遇するかもしれません。この場合は、Primetime Content Decryption Module (Adobe Systems, Incorporated 提供) の隣のドロップダウンメニューから 常に有効化する を選択して Adobe Primetime を再び有効にしてください。

CDM 再生をオプトアウトし、CDM をアンインストールしてすべての CDM ダウンロードを停止するには

HTML5 DRM 再生をアプリケーション全体でオプトアウトできます。オプトアウトすると、Firefox がハードディスクからすべてのダウンロード済み CDM を削除し、それ以降は CDM のダウンロードも行わず、DRM を利用した再生を無効にします。これは DRM で制御された HTML5 の動画と音声にのみ影響します。HTML5 DRM 再生を完全にオプトアウトするには、以下の手順を実行します:

  1. メニューボタン New Fx Menu をクリックし、オプション環境設定設定 を選択します。
  2. コンテンツ パネルをクリックします。
  3. DRM コンテンツを再生する の隣にあるチェックマークを外します。
注記: DRM で制御されたコンテンツでも、Adobe Flash や Microsoft Silverlight NPAPI プラグインを必要とするものは、それらがインストールされており、Firefox で有効にすれば視聴できます。DRM コンテンツを再生する の設定は、HTML5 DRM の再生を制御します。プラグインでの再生は制御しません。

DRM を有効にしないと再生できないコンテンツを含むウェブサイトもあります。そのような場合は、上記と同じ手順で Firefox のオプション環境設定設定コンテンツ パネルを開き、DRM コンテンツを再生する にチェックを入れることで DRM 再生を有効にできます。チェックを入れた後、HTML5 DRM 再生が再び有効になり、Google Widevine と Adobe Primetime の CDM が自動的にダウンロードされます。

サポート環境

Google Widevine

  • Windows Vista 以降
  • Mac OS X 10.9 以降
  • x86 版と x64 版 Linux

Adobe Primetime

  • Windows Vista 以降

Firefox が DRM をサポートしているすべての新しいプラットフォームで、似たようなオプトアウトのオプションが提供されます。

この記事は役に立ちましたか? しばらくお待ちください...

この記事の貢献者: marsf, dskmori, otachan。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから