ソフトウェアの更新を確認できない

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

この記事は、一部のシステムで ヘルプ メニュー項目の ソフトウェアの更新を確認... とソフトウェアの更新オプションが無効になってしまう理由について説明します。一般的な情報は Firefox を最新バージョンに更新するには をご覧ください。

Linux 上のパッケージ管理システム

一部の Linux システムではディストリビューション自身が Firefox をアップグレードするため、Firefox のソフトウェア更新機能は無効になっています。これらのシステムで Firefox を更新するには、各ディストリビューションのパッケージ管理ユーティリティ (例えば Synaptic Package Manager や Adept Manager, Yum など) を使用する必要があります。

多くのディストリビューションは Firefox のセキュリティや安定性を向上する更新のみを提供しています。それらは例えば 1.5.0.10 から 1.5.0.11 へは更新しますが、2.0 へは更新しません。メジャーアップグレードを行うには、パッケージ管理外で Firefox をインストールしなければなりません。インストール手順 (Linux) を参照してください。


アクセス許可属性

Firefox を実行中のユーザが Firefox をインストールしたディレクトリに書き込む権限を持っていない場合、ソフトウェアの更新機能が無効になります。Firefox を更新するには、管理者アカウントなどの適切な権限を持つユーザでコンピュータにログインしてください。アクセスが許可されると ソフトウェアの更新を確認... が有効になります。

ソフトウェアの更新を確認... を常に有効にしておきたいときは、Firefox をインストールしたディレクトリのアクセス許可属性を変更してください。

この記事の貢献者: level。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから