クラッシュサイン - js_Interpret

この記事はメンテナンスされないため、内容が古い可能性があります。

このテンプレート "crashsig" は存在しないか承認されていません。 js_Interpret

このクラッシュサインのクラッシュには、様々な原因があります。特定されている原因の一つとして、JIT (just-in-time) コンパイラに起因するバグがあります。JIT を無効にすることでクラッシュを防げますが、それと引き換えに JavaScript の動作が遅くなります。

  1. アドレスバーabout:config と入力し、EnterReturn キーを押します。

    • about:config の "動作保証対象外になります!" という警告ページが表示されます。細心の注意を払って使用する危険性を承知の上で使用する をクリックし、about:config ページを開いてください。
  2. 設定リストのページで、javascript.options.jit.content 設定を検索してください (フィルタ欄に "jit." と入力します)。
  3. この設定値をダブルクリックして値を false に変更してください。

    3d6b04e56960e254dec91931e02e6ae4-1252038968-929-1.png

一般的なクラッシュのトラブルシューティング手順 に、このクラッシュの助けとなる手順があります。このクラッシュについて 質問する 時は、クラッシュ ID を添えてください。クラッシュレポートには、クラッシュサインには無い役立つ情報が含まれていることがあります。

この記事の貢献者: marsf。あなたも手助けしませんか?- 貢献するにはこちらから